生年月日データベース

加藤久

男子サッカー選手、指導者[日本]

1956年 4月24日

加藤 久(かとう ひさし、1956年4月24日 - )は、日本のサッカー指導者、元サッカー選手、スポーツ研究者(博士(学術))。
宮城県宮城郡利府町出身。
現役選手としての活躍 宮城県内の進学校として知られる宮城県仙台第二高等学校の在学中から将来を期待され「東北に加藤あり」と言われた。
早稲田大学教育学部へ進学し、早稲田大学ア式蹴球部へ入部。
関東大学サッカーリーグや大学サッカー選手権を始め多くのタイトルを獲得した。
また在学中の1977年に日本代表に選出された。
1979年に早稲田大学を卒業し、1年のブランクを経て1980年からは日本サッカーリーグ(JSL)1部の読売サッカークラブに入団。
JSL加盟のサッカー部を持つ企業に就職して仕事との両立を図る一般的なJSLの選手と違い、学術生活を優先させた加藤にとって、当時の日本では異例のプロクラブで練習時間以外の自由が利く読売クラブは最適であった。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

  • タイトル
    3-2-1-0
    歌手
    発売元
    日本コロムビア
    発売日
    2008年10月29日
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 6,105 より

加藤久は、日本の元サッカー選手、サッカー指導者。現・ジュビロ磐田ゼネラルマネージャー。 現役時代のポジションはディフェンダー。 1956年4月24日生まれ、宮城県宮城郡利府町出身。 早稲田大学教育学部卒業。 早稲田大学在学中に全国大学選手権大会を経験。1976年に初めて全日本に選ばれる。 卒業後の1980年、筑波大学大学院入学するとともに読売クラブ(後のヴェルディ川崎、現・東京ヴェルディ1969)に入団。 1984年から1987年までは日本代表の主将を務めた。 1991年、早稲田大学人間科学部助教授就任。 1993年、清水エスパルスへ移籍。 1994年2ndステージからヴェルディ川崎に復帰し、現役引退。 引退後、日本サッカー協会強化委員長に就任。アトランタオリンピック出場権獲得後に退任。 その後、ヴェルディ川崎、湘南ベルマーレ、沖縄かりゆしFCの監督、ヴィクサーレ沖縄代表を務めた。 2005年-2006年、「みやぎ夢大使」。 2007年シーズン途中より京都サンガF.C.監督。 2010年シーズン途中で、成績不振を理由に解任された。後任監督は秋田豊。 2011年10月より、JFA復興支援特任コーチとして活動していたが、2012年10月末で退任。 2013年12月16日、ジュビロ磐田のゼネラルマネージャーに就任。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 成績
  • クラブ
  • 代表
  • 個人
  • 出場
  • 利府町
  • 協会
  • 博士
  • 大会
  • 学歴
  • 学術
  • 宮城県
  • 宮城郡
  • 川崎
  • 所属
  • 指導
  • 指導者
  • 時代
  • 清水
  • 現役
  • 生活
  • 監督
  • 研究者
  • 職歴
  • 著書
  • 試合
  • 出身
  • 得点
  • 点数