誕生日データベース

万田邦敏まんだくにとし

映画監督[日本]

1956年 5月1日

万田 邦敏(まんだ くにとし、1956年 - )は日本の映画監督、脚本家、映画批評家。
東京都出身。
立教大学現代心理学部映像身体学科教授。
妻の万田珠実とは『Unloved』『接吻』で共同脚本を執筆している。
1975年、立教大学に入学し、蓮實重彦の教えを受ける。
大学在学中に黒沢清らとパロディアス・ユニティーで8mm映画を製作する。
その後、黒沢の『神田川淫乱戦争』に美術、『ドレミファ娘の血は騒ぐ』に共同脚本および助監督として参加した。
雑誌での映画批評の執筆、PRビデオやテレビドラマの演出を経て、1996年、『宇宙貨物船レムナント6』で劇場映画監督デビューを果たす。
2001年、『Unloved』が第54回カンヌ国際映画祭「批評家週間」部門に出品され、エキュメニック新人賞とレイル・ドール賞を受賞した。
2006年、赤井英和を主演に迎えて阪神・淡路大震災を描いた『ありがとう』が公開される。
2009年、『接吻』が第23回高崎映画祭最優秀作品賞を受賞する。
同年、批評集『再履修 とっても恥ずかしゼミナール』を出版する。

■ 映像作品

■ 関連書籍

連想語句
  • 映画
  • 立教大学
  • グラフィー
  • テレビ
  • ビブリオ
  • フィルモグラフィー
  • 共著
  • 単著
  • 学校
  • 批評家
  • 接吻
  • 日比谷
  • 東京
  • 東京都
  • 短編
  • 蓮實
  • 都立
  • 重彦
  • 長編
  • 高等
  • 万田
  • 入学
  • 共同
  • 出身
  • 卒業
  • 在学
  • 執筆
  • 大学
  • 学科
  • 学部
  • 心理
  • 教授
  • 映像
  • 珠実
  • 現代
  • 脚本
  • 身体