生年月日データベース

ジャン=ポール・サルトルJean-Paul Charles Aymard Sartre

作家哲学者[フランス]

1905年 6月21日

1980年 4月15日 死去肺水腫享年76歳
ジャン=ポール・サルトル - ウィキペディアより引用

ジャン=ポール・シャルル・エマール・サルトル(フランス語: Jean-Paul Charles Aymard Sartre、1905年6月21日 - 1980年4月15日)は、フランスの哲学者、小説家、劇作家。
内縁の妻はシモーヌ・ド・ボーヴォワール。
強度の斜視があり、1973年には右目を失明した。
生涯 サルトルは1905年、パリ16区に生まれる。
生後15ヶ月で、海軍将校であった父が熱病に倒れ死亡したため、サルトルの母方の祖父であるシャルル・シュヴァイツァー(1844 - 1935)の家に引き取られる。
シャルルはドイツ語の教授であり深い教養を持ち、サルトルの学問的探究心を刺激した。
パリのブルジョワ知識人階級の中で育ったサルトルは、1915年にパリの名門リセであるアンリ4世校で学び、このときにのちに作家となるポール・ニザン (1905 - 1940)と知り合う。
母の再婚にともない、1917年にはラ・ロシェルの高等中学校に転校することになるが、サルトルは転校先のラ・ロシェルにうまく溶け込むことができず、後に挫折の年月と述懐している。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

  • タイトル
    L'enfer C'est Les Autres
    歌手
    J
    発売元
    Fremeaux & Assoc. Fr
    発売日
    2010年3月01日
    新品価格
    ¥ 1,939 より
    中古商品
    ¥ 5,092 より

Jean-Paul Sartre フランスの哲学者、作家。 1905年6月21日、生まれ。1980年4月15日、死去。 いわゆる「実存主義」の代表的な論客として、1960年代に各国の若者に大きな影響を与えた。フェミニズム系の批評家、作家であるシモーヌ・ド・ボーヴォワールとは事実婚状態にあり、今後の理想的な夫婦像として「サルトルとボーヴォワールのように」というキャッチフレーズが流行した時期があった。1960年代、夫婦で一度だけ来日している。また左翼系の高級日刊紙「リベラシオン」の創刊に尽力した。晩年はフロベールを論じた大作『家の馬鹿息子』に取り掛かるが、失明のため完結を断念。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 著作
  • サルトル
  • シモーヌ
  • ジャン
  • フランス
  • ボーヴォワール
  • ポール
  • 主要
  • 作家
  • 劇作家
  • 哲学
  • 哲学者
  • 失明
  • 小説
  • 小説家
  • 思想
  • 戯曲
  • 斜視
  • 生涯
  • 自伝
  • 評論
  • 邦訳
  • 関連
  • それまで
  • ノーベル賞
  • 内縁
  • 右目
  • 左目
  • 強度
  • 意志
  • 拒否
  • 最初
  • 自分
  • 読み書き