誕生日データベース

吉岡稔真よしおかとしまさ

競輪選手[日本]

1970年 6月15日

吉岡 稔真(よしおか としまさ、1970年6月15日 - )は、日本の元競輪選手である。
現在は競輪解説者・評論家。
福岡県北九州市小倉南区出身。
血液型はA型。
座右の銘は「不動心」。
競輪選手時のデータ 日本競輪学校第65期卒業。
日本競輪選手会福岡支部所属。
師匠は森山慎雄。
初出走は1990年4月7日、小倉競輪場。
初勝利は1990年5月27日。
通算成績1279戦中586勝、生涯獲得賞金は歴代3位となる16億8866万4299円だった。
2007年1月12日、選手登録削除。
弟の啓史(75期)、邦彦(84期・引退)も選手。
競輪選手時の戦績 豊国学園高等学校卒業後に日本競輪学校へ入学、高校時代には特にスポーツ経験はなかったが、競輪学校在学中に頭角を現し、競走成績2位で卒業(1位は山本真矢)。
1990年3月5日に選手登録。
在学中からの内臓疾患によりデビュー直後こそ振るわなかったものの、完治後は素質が開花し怒涛の快進撃を続け、S級へ特進。
更に全国のファンにその存在を知らしめたのは1990年の立川GPシリーズのS級戦であった、ここで吉岡は準決・決勝と大名マークの佐々木浩三を全く寄せつけず1周半を逃げ切った、新人がS級上位の追込選手を楽々と振り切るのは坂本勉以来で正真正銘の一級品を印象づけた。

■ 関連書籍

連想語句
  • 競輪
  • 選手
  • データ
  • 日本
  • エピソード
  • スタイル
  • タイトル
  • 不動心
  • 北九州市
  • 学校
  • 小倉
  • 小倉南区
  • 引退
  • 戦績
  • 森山
  • 活動
  • 獲得
  • 福岡県
  • 競走
  • 記録
  • 選手会
  • 関連
  • 出身
  • 初出走
  • 初勝利
  • 卒業
  • 師匠
  • 座右の銘
  • 所属
  • 支部
  • 福岡