生年月日データベース

大林素子おおばやしもとこ

バレーボール選手[日本]

1967年 6月15日

大林 素子(おおばやし もとこ、1967年6月15日 - )は日本の元バレーボール選手、スポーツキャスター・タレント・女優・モデルである。
ホリプロ所属。
東京都小平市出身、八王子実践高等学校卒業。
日本バレーボール協会広報委員(元バレーボール全日本女子選手)、神戸親和女子大学発達教育学部ジュニアスポーツ教育学科客員教授。
父は商社マン、母は陸上競技で走り高跳びの東京五輪候補だった選手。
この母親の後押しもあり中学生のときにバレーボールを始める。
たまたま家が日立の練習場に近かったこともあり、当時の日立の監督であった山田重雄にファンレターを出した。
すると山田から「良かったら練習を見に来てください。
」と返事が来て、それがきっかけでたびたび日立の練習場に見学に行くようになった。
小平市立第二中学校卒業後の1983年、八王子実践高等学校に進学。
第15回(1984年)春の高校バレーは3位、第16回(1985年)は準優勝であった。
1985年、高校在学中に全日本代表初選出。
同年のワールドカップで国際大会デビューを果たす。
1986年、当時実業団のトップチームであった日立に入団。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

芸名大林素子 性別女性 生年月日1967/06/15 星座ふたご座 干支未年 血液型O 出身地東京都 ブログタイトルモトコレ! ブログURLhttp://ameblo.jp/motoko-oobayashi/ 職種スポーツ 資格・免許小型船舶操縦士4級/国内A級ライセンス/けんだま8級/華道池坊奥伝免許/MFJPITCREWLICENCE 趣味・特技タップダンス/舞台鑑賞(特に宝塚)/レース観戦(車・バイク) プロフィール東京都出身。中学1年からバレーボールを始め、中学3年の時に東京都中学選抜に選出される。その後、高校バレーボール界の名門八王子実践高校に進む。86年日立入社、88年ソウル五輪、92年バルセロナ五輪に出場する。95年にイタリアセリエA・アンコーナに所属、日本人初のプロ選手となる。帰国後、東洋紡オーキスに所属、96年アトランタ五輪出場後、97年に引退する。その後は、日本スポーツマスターズ委員会シンボルメンバー、日本スポーツ少年団委員、JOC環境アンバサダー、JVA(日本バレーボール協会)広報委員およびテクニカル委員、観光庁「スポーツ観光マイスター」として活躍。主な出演作品に、TBS『みのもんたの朝ズバッ!』、フジテレビ『若さでアタック!春の高校バレー』キャスター・解説など。 代表作品TBS『みのもんたの朝ズバッ!』(2008)/フジテレビ『FIVBワールドグランプリ』解説/著書『バレーに恋して』(1995) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • バレーボール
  • スポーツ
  • 選手
  • エピソード
  • キャスター
  • スタイル
  • タレント
  • プレー
  • ホリプロ
  • モデル
  • 全日本
  • 八王子
  • 協会
  • 受賞歴
  • 女子
  • 学校
  • 実践
  • 客員
  • 小平市
  • 引退
  • 役職
  • 教授
  • 教育
  • 日本
  • 東京都
  • 現役
  • 球歴
  • 神戸親和女子大学
  • 過去
  • 高等
  • ジュニア
  • 中学校
  • 俳優
  • 出身
  • 卒業
  • 女優
  • 委員
  • 学科
  • 学部
  • 広報
  • 所属
  • 発達