生年月日データベース

柿谷曜一朗かきたによういちろう

男子サッカー選手[日本]

1990年 1月3日

柿谷曜一朗 - 男子サッカー選手

柿谷 曜一朗(かきたに よういちろう、1990年1月3日 - )は、大阪府大阪市出身のプロサッカー選手。
Jリーグ・セレッソ大阪所属。
ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。
元日本代表。
セレッソ大阪 4歳からセレッソ大阪の下部組織で育ち、スクールからプロまでセレッソ一筋。
追手門学院大手前高等学校在学中の2006年、クラブ史上最年少の16歳でトップチームとプロ契約を結び、C大阪と業務提携しているウィザス高等学校(現 第一学院高等学校)に転校した。
同年5月には短期海外研修として、アーセナルやインテルミラノのユースの練習に参加。
9月に開催されたAFC U-17アジア選手権では唯一、プロ選手として大会に出場し優勝に貢献。
自身も大会MVPに選出された。
11月26日のJ1第33節大宮アルディージャ戦で、Jリーグ初出場を果たす。
2007 FIFA U-17ワールドカップのナイジェリア戦で、出場時間900分に達し、プロA契約を締結。
大会中、フランス戦およびハイチ戦にて得点を挙げ、同大会にて最も素晴らしいゴールを挙げた得点者と評された。

■ 関連書籍

サッカー選手。ポジションはミッドフィルダー、フォワード。 1990年1月3日生まれ。大阪府出身。身長173cm、体重62kg。 セレッソ大阪の下部組織出身。 2006年1月3日、16歳の誕生日にトップチーム昇格となる。 2006年のAFC U-17選手権では唯一のプロ選手として代表を引っ張り、3大会振りのFIFA U-17ワールドカップ出場、12年振りのアジア制覇に貢献。大会MVPを獲得した。2007年FIFA U-17ワールドカップではグループリーグで敗退したが、2ゴールを挙げる活躍を見せた。 しかしその後は伸び悩み、2008年AFC U-19選手権で韓国に敗退、クラブでも香川真司と乾貴士にポジションを奪われた。レヴィー・クルピ監督からは精神面の未熟さを指摘され、2009年シーズン途中に徳島ヴォルティスへ期限付き移籍で放出された。2012年よりセレッソ大阪に復帰。 2013年東アジアカップでサッカー日本代表(A代表)に初選出され、7月21日に行われた中国との試合で代表初出場・初得点を飾った。2014年FIFAワールドカップの日本代表に選出されたが、グループリーグ2試合に途中出場するも得点に絡むことはできなかった。 2014年7月16日付けでスイス・スーパーリーグのバーゼルに移籍することが発表された。バーゼルは柿谷との契約が2018年6月30日までの4年間と発表している。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • セレッソ大阪
  • 代表
  • 日本
  • サッカー
  • プロ
  • 所属
  • クラブ
  • スタイル
  • バーゼル
  • フォワード
  • プレー
  • ミッドフィールダー
  • リーグ
  • ヴォルティス
  • 丸高愛実
  • 個人
  • 徳島
  • 成績
  • タレント
  • ポジション