生年月日データベース

カイオ・ジュニオールCaio Júnior

男子サッカー選手、監督[ブラジル]

1965年 3月8日

2016年 11月28日 死去墜落享年52歳

ルイス・カルロス・サローリ(Luiz Carlos Saroli, 1965年3月8日 - )、通称カイオ・ジュニオール(Caio Júnior)は、ブラジル・パラナ州出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。
1985年にグレミオでプロ選手としてデビューし、この年のリオグランデ・ド・スル州選手権で12ゴールを挙げ州リーグ得点王に輝。
ポルトガルやブラジル南部の地方クラブを渡り歩き、1999年まで約15年選手としてプレー。
引退後の2000年からは指導者の道に入る。
戦術を重視した理論的な指導法を志向し、現役時代同様に南部の小クラブを率いながら評価を高めていった。
2006年に就任したパラナ・クルーベにおいて、ブラジル全国選手権5位という成績を挙げて一気に名を上げ、以降パルメイラス、フラメンゴといったビッグクラブの監督を歴任。
パルメイラスを率いた2007年にはブラジル全国選手権最優秀監督賞銅賞(3位)となった。
2009年より、3年契約でJ1・ヴィッセル神戸の監督に就任。
初の国外での監督挑戦となった。
対戦相手に応じて様々な布陣を使い分け、登録選手33人のうち29人をリーグ・ナビスコカップのいずれかで先発・ベンチに抜擢。

カイオジュニオールCaioJunior 国籍ブラジル 専門サッカー監督 本名LuizCarlos〉ルイス・カルロス〈Saroliサローリ 生年月日1965/3/8 出生地パラナ州カスカベウ 経歴1985年名門グレミオでプロデビュー。同年リオグランデドスル州選手権で得点王になり、脚光を浴びた。’87年ポルトガルのエストレーラ・アマドーラで同国2部優勝に貢献、’94年にはブラジルの名門インテルナシオナルでプレーするなど、ブラジルとポルトガルのクラブで活躍した。’99年引退。2000年コリチーバGM、のちクルゼイロのコーチ。2002年パラナクラブで監督としてのキャリアをスタートさせ、2度目の同チーム監督となった2006年にはチームを全国選手権5位に押し上げ、南米最強を決めるコパ・リベルタドーレス出場に導いた。2007年パルメイラス監督、2008年はフラメンゴを率いた。2009年Jリーグのヴィッセル神戸監督に招聘されたが、6月辞任。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • クラブ
  • サッカー
  • 選手
  • グレミオ
  • タイトル
  • パラナ
  • ブラジル
  • 個人
  • 成績
  • 所属
  • 指導
  • 監督
  • 関連
  • カン
  • ガウショ
  • スル
  • デビュー
  • ナート
  • ピオ
  • プロ
  • リオグランデ
  • 出身
  • 指導者
  • 選手権