誕生日データベース

アモス・オズAmos Oz

作家ジャーナリスト[イスラエル]

1939年 5月4日

アモス・オズ - ウィキペディアより引用

アモス・オズ(עמוס עוז Amos Oz, 1939年5月4日 - )は現代イスラエルの作家・ジャーナリスト、ベングリオン大学文学部教授。
ノーベル文学賞候補にも上げられたことがある。
1967年からパレスチナ問題の2国家解決の主な提唱者の一人である。
生い立ち 東欧系のシオニスト移民である父イエフダ・アリエ・クラウスネルと母ファニア・ムスマンの子でアモス・クラウスネル (עמוס קלאוזנר Amos Klausner) として生まれ、エルサレムのアモス通り18番地で育った。
父はビリニュスで歴史と文学を学んでおり、エルサレムでも図書館員兼作家であった。
母方の祖父は当時ポーランド領東部であったリウネで工場を営んでいたが、1934年にハイファに移住していた。
クラウスネル家の多くは右派の修正主義シオニストであった。
大叔父のヨーゼフ・クラウスナーはハイム・ヴァイツマンに対抗するヘルトの大統領候補であり、ヘブライ大学のヘブライ文学会の会長であった。

■ 関連書籍

「アモス・オズ」と関連する人物

連想語句
  • 文学
  • エルサレム
  • クラウス
  • ネル
  • アモス
  • ノーベル
  • ハイファ
  • パレスチナ
  • ビリニュス
  • ベングリオン
  • リウネ
  • 受賞歴
  • 問題
  • 大学
  • 歴史
  • 著書
  • アリエ
  • イエフダ
  • シオニスト
  • シオニズム
  • ジャーナリスト
  • ニア
  • ファ
  • ポーランド
  • マン
  • ムス
  • 一人
  • 主義
  • 作家
  • 修正
  • 候補
  • 右派
  • 図書館
  • 国家
  • 多く
  • 工場
  • 当時
  • 提唱者
  • 教授
  • 文学部
  • 東欧
  • 東部
  • 母方
  • 祖父
  • 移住
  • 移民
  • 解決