誕生日データベース

ボビー・ハッチャーソンBobby Hutcherson

ミュージシャン・ヴィブラフォン奏者[アメリカ]

1941年 1月27日

2016年 8月15日 死去享年76歳
ボビー・ハッチャーソン - ウィキペディアより引用
ボビー・ハッチャーソン(Bobby Hutcherson, 1941年1月27日 - )はアメリカ合衆国カリフォルニア州出身のジャズ・ヴィブラフォン奏者。

ロサンジェルス生まれのボビー・ハッチャーソンはピアノから音楽に入った。
ミルト・ジャクソンやマイルス・デイビス、セロニアス・モンク等を聴きジャズに興味を持つようになる。
友人のベーシストからの「ヴィブラフォンを買ってバンドに入らないか?」という誘いがきっかけとなってこの道に入る。
後にデイブ・パイクにヴィブラフォンの手ほどきを受ける。

1961年にニューヨークへ進出し頭角を現すようになり、1963年にはジャッキー・マクリーンの「Evolution」に参加、続く1964年にエリック・ドルフィーの「Out to Lunch」への参加で一躍注目を集める。
1965年、初リーダー作「Dialogue」をブルーノート・レコード ブルーノートからリリース。
以降新主流派のヴィブラフォン奏者として数多くの作品を同レーベルに残した(特に1966年発売の「Happenings」はハービー・ハンコックの参加もあり、今日でも人気のある作品)。
また、この頃からヴィブラフォンに加えてマリンバを使ったスピード感に溢れた演奏を披露している。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • ジャズ
  • ヴィブラフォン
  • エリック
  • カリフォルニア州
  • グラフィ
  • ジャクソン
  • ジャッキー
  • セロニアス
  • ディスコ
  • デイビス
  • ドルフィー
  • ブルーノート
  • マイルス
  • マクリーン
  • ミルト
  • モンク
  • レコード
  • ロサンゼルス
  • 合衆国
  • きっかけ
  • アウト
  • アメリカ
  • ステップ
  • デイブ
  • トゥ
  • ニューヨーク
  • ハッチャーソン
  • バンド
  • パイク
  • ビヨンド
  • ピアノ
  • ベーシスト
  • ボビー
  • ランチ
  • リカ
  • ワン
  • 出身
  • 参加
  • 友人
  • 奏者
  • 手ほどき
  • 興味
  • 誘い
  • 進出
  • 音楽
  • 頭角