生年月日データベース

ラース・フォン・トリアーLars von Trier

映画監督[デンマーク]

1956年 4月30日 生 (満62歳)

ラース・フォン・トリアー - ウィキペディアより引用

ラース・フォン・トリアー (Lars von Trier, 本名はラース・トリアー、Lars Trier, 1956年4月30日 - ) は、デンマークの映画監督。
コペンハーゲン出身。
ドグマ95という映画の方法論に大きく関与しているが、その他にも様々なスタイルの映画で知られ、1980年代以降デンマークの映画界に対する他国の関心を高めた中心人物だと見なされている。
生い立ちと初期のキャリア 1956年4月30日、ラース・トリアーはアルフ・トリアーとインゲル・トリアーの息子として(実際にはインゲルの上司が実の父親だった)コペンハーゲンで生まれた。
公務員であった両親は進歩主義的な左派で、家庭内ではヌーディスト的生活を実践してもいた。
子供時代のラースは休日をヌーディストキャンプで過ごすこともあり、躾を反動的なことだと考えた両親によって様々なことを自分で決めるように任されていた。
トリアー家は無神論の立場を取っており、「感情・宗教・楽しみ」を排し、子供には規則を作らないという家庭であった。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

Lars von trier 監督、脚本家、プロデューサー 1956年4月30日、デンマーク/コペンハーゲン生まれ 本名:Lars Trier 身長:170 cm (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 映画
  • ドグマ
  • 三部作
  • キャリア
  • キングダム
  • コペンハーゲン
  • ツェントローパ
  • テレビ
  • デンマーク
  • ヨーロッパ
  • 作品
  • 作風
  • 初期
  • 手法
  • 疾患
  • 短編
  • 精神
  • 表現
  • 過激
  • 長編
  • スタイル
  • 中心
  • 他国
  • 出身
  • 方法
  • 様々
  • 関与
  • 関心