生年月日データベース

青木雄二あおきゆうじ

漫画[日本]

1945年 6月9日

2003年 9月5日 死去肺がん享年58歳

青木 雄二(あおき ゆうじ、1945年6月9日 - 2003年9月5日)は、日本の漫画家・エッセイスト。
京都府加佐郡大江町(現・福知山市)生まれ。
岡山県久米郡久米南町出身。
1964年、岡山県立津山工業高等学校土木科を卒業。
在学中は野球部に所属し、ポジションはキャッチャーだった(同校の後輩にはプロ野球選手の高橋信二がいる)。
卒業後は兵庫県神戸市の山陽電気鉄道に入社。
1969年、当時の山陽電気鉄道は学歴を重視する方針だったことに不満を感じ、入社からわずか5年で同社を退社。
地元岡山県に戻り久米南町役場の職員になるが、結局田舎での生活に嫌気がさし、3ヶ月で退職。
大阪に出てビア・ホールでアルバイトを始める。
その後はパチンコ店の店員やキャバレーのボーイ等の水商売を中心に約30種類以上の職を転々とした。
この経験が漫画を描く上で大いに参考になったという。
本人によると一番楽だった仕事は公務員で、肉体的に一番キツかったのがパチンコ屋、精神的に一番キツかったのが漫画家だったとのことである。

■ 映像作品

■ 関連書籍

漫画家。 1945年京都府出身。岡山の高校を卒業後、神戸に本社のある鉄道会社に就職。 その後転職を繰り返すがいずれも長続きせず、大阪でキャバレー、パチンコ屋、寿司屋など水商売系を主として計30種もの職を転々としてきた。 スクリーントーンを使わずにコマの中を埋め尽くす描き込みが特徴。1990年より雑誌連載の「ナニワ金融道」で大ヒットをとばした後は、実作ではなくプロデュースをメインとしている。プロレタリア文学に傾倒し、ドストエフスキーやマルクスの世界観を漫画で表現した。 自著に 『ナニワ金融道 ゼニのカラクリがわかるマルクス経済学』 『罪と罰 ナニワ人生学』などがある。 2003年9月5日、肺ガンのため神戸市中央区の病院で死去。享年58歳。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 作品
  • 漫画
  • 京都府
  • 岡山県
  • ゼニ
  • ノート
  • リスト
  • 久米南町
  • 久米郡
  • 加佐郡
  • 原案
  • 受賞歴
  • 執筆
  • 大江町
  • 完全
  • 弓削町
  • 日本
  • 活動
  • 漫画家
  • 監修
  • 短編
  • 福知山市
  • エッセイスト
  • 出身
  • 随筆家