誕生日データベース

内田忠男うちだただお

ニュースキャスター[日本]

1939年 6月9日

内田 忠男(うちだ ただお、1939年6月9日 - )は、国際ジャーナリストである。
マニラ(当時:米領フィリピン群島)出身。
日本国際フォーラム政策委員。
1958年3月、東京教育大学附属中学校・高等学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)卒業。
1962年3月、慶應義塾大学経済学部卒業。
同年、読売新聞社入社。
主に東京本社社会部で記者活動。
1975年、同社外報部に転じ、ロサンゼルス特派員。
ロッキード事件に遭遇。
1978年、同社を退社。
U.S.-Japan Business News社の副社長・編集主幹を務めながら文筆活動に従事。
1980年より、テレビ朝日の報道番組『BIG NEWS SHOW いま世界は』のニューヨーク側キャスター(東京側のキャスターは、当時朝日新聞記者の轡田隆史と、同番組でキャスターデビューを果たした安藤優子)。
キッシンジャー博士をはじめとする米国の要人多数と単独会見。
戒厳令下のポーランドでラコフスキ副首相やワレサ連帯議長との単独会見にも成功した。
1988年、帰国。
10月よりテレビ朝日『内田忠男モーニングショー』の司会。

■ 関連書籍

連想語句
  • 学校
  • 東京
  • 高等
  • テレビ
  • フォーラム
  • ロサンゼルス
  • ロッキード
  • 中学校
  • 事件
  • 出典
  • 出演
  • 卒業
  • 同社
  • 国際
  • 大学
  • 学部
  • 慶應義塾大学
  • 教育
  • 日本
  • 番組
  • 筑波大学
  • 経済
  • 著書
  • 読売新聞社
  • 関連
  • 附属
  • 入社
  • 同年
  • 外報
  • 委員
  • 政策
  • 本社
  • 活動
  • 特派員
  • 社会
  • 記者
  • 退社
  • 遭遇
  • 附属中