生年月日データベース

柳田邦男やなぎだくにお

作家評論家[日本]

1936年 6月9日 生 (満82歳)

柳田 邦男(やなぎだ くにお、1936年6月9日 - )は、ノンフィクション作家、評論家。
航空機事故、医療事故、災害、戦争などのドキュメントや評論を数多く執筆している。
妻は絵本作家の伊勢英子。
娘にカメラマンの石井麻木がいる。
来歴・人物 1936年栃木県鹿沼町(現:鹿沼市)生まれ。
栃木県立鹿沼高等学校を経て、1960年東京大学経済学部を卒業する。
同年NHKに入局し、広島放送局へ配属される。
1963年東京へ戻り、社会部に配属になる。
1966年に遊軍記者として全日空羽田沖墜落事故、カナダ太平洋航空機墜落事故、BOAC機空中分解事故を取材する。
1971年にこれらの事故を追ったルポルタージュ『マッハの恐怖』を発表し、第3回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した。
1974年NHKを退職して、現在までノンフィクション作家として活躍している。
以前は航空評論家として航空機事故が発生した際にNHKの解説委員として出演することも多かった。
主に事故、災害など「クライシス・マネジメント」に関する著書を執筆するが、『零戦燃ゆ』などの戦史ノンフィクションも手がける。

■ 映像作品

■ 関連書籍

ノンフィクション作家、評論家 1936年、栃木県鹿沼市で誕生 1960年,東大経済学部卒業。NHK記者を14年務めた後、作家活動に入る。現代人の「命の危機」をテーマに、戦争、災害、事故、公害、事件、病気と医療に関するドキュメンタリーな作品や評 論を書き続けている。最近は、終末期医療、脳死問題、医療事故などについて積極的に発言するとともに、言葉や絵本や心の問題についても熱い語りかけをしている。 柳田国男(民俗学者)とは別人なので注意。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 鹿沼
  • カメラマン
  • ゲーム
  • ネット
  • 上都賀郡
  • 伊勢英子
  • 共編
  • 受賞
  • 否定
  • 委員会
  • 学校
  • 学部
  • 新聞
  • 東京大学
  • 栃木
  • 栃木県
  • 県立
  • 経済
  • 翻訳
  • 若年層
  • 著書
  • 関連
  • 高等
  • 鹿沼市
  • ドキュメント
  • 作家
  • 卒業
  • 同年
  • 執筆
  • 日本放送協会
  • 石井
  • 絵本
  • 評論
  • 麻木