生年月日データベース

松居大悟まついだいご

映画監督俳優脚本家[日本]

1985年 11月2日

松居大悟 - ウィキペディアより引用

松居 大悟(まつい だいご、1985年11月2日 - )は、日本の脚本家、演出家、映画監督、俳優。
福岡県北九州市出身。
劇団ゴジゲン主宰。
ゴーチ・ブラザーズ所属。
福岡県北九州市若松区生まれ、福岡市育ち。
福岡海星女子学院附属小学校、久留米大学附設中学校、久留米大学附設高等学校、慶應義塾大学経済学部に進学。
母は、九州のコラムニストであるトコ。
慶應義塾大学入学と同時に演劇サークル創像工房in front of.に入団、2006年に団体内において劇団ゴジゲンを結成し、2008年4月に独立。
全公演の作・演出・出演を手掛ける。
結成した理由の一つに、漫画家にもお笑い芸人にもなれずに夢を諦めていった果てが演劇だった、と語る。
2009年夏のNHK『ふたつのスピカ』でNHKの連続ドラマ脚本では最年少記録として、ドラマ脚本家デビュー。
2012年2月、映画監督デビュー作となる『アフロ田中』が公開。
本作の主人公同様、自身も天然パーマ。
クリープハイプのメジャーデビュー以降のビデオクリップを手掛けている。
2015年11月 第7回TAMA映画賞(第25回映画祭TAMA CINEMA FORUM)で最優秀新進監督賞を受賞(本年度最も飛躍した監督、もしくは顕著な活躍をした新人監督を表彰)受賞対象作『私たちのハァハァ』『ワンダフルワールドエンド』。

■ 映像作品

■ 関連書籍

  • タイトル
    さあハイヒール折れろ
    著者
    松居大悟
    発売元
    エクスナレッジ
    発売日
    2015-03-19
    新品価格
    ¥ 1,728 より
    中古商品
    ¥ 48 より
  • タイトル
    ケトルVOL.22
    著者
    発売元
    太田出版
    発売日
    2014-12-12
    新品価格
    ¥ 972 より
    中古商品
    ¥ 223 より
  • タイトル
    Quick Japan 122
    著者
    発売元
    太田出版
    発売日
    2015-10-10
    新品価格
    ¥ 1,026 より
    中古商品
    ¥ 1 より
  • タイトル
    恋と罰 上
    著者
    松居大悟
    発売元
    太田出版
    発売日
    2017-05-18
    新品価格
    ¥ 1,000 より
    中古商品
    ¥ 1 より
  • タイトル
    恋と罰 下
    著者
    松居大悟
    発売元
    太田出版
    発売日
    2017-05-18
    新品価格
    ¥ 1,200 より
    中古商品
    ¥ 1 より
  • タイトル
    CREA2018年8・9月合併号 日々のごはんのお取り寄せ。
    著者
    発売元
    文藝春秋
    発売日
    2018-07-06
    新品価格
    ¥ 780 より
    中古商品
    ¥ 523 より
  • タイトル
    恋と罰【単話売 2】
    著者
    松居大悟
    発売元
    太田出版
    発売日
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • タイトル
    恋と罰【単話売 4】
    著者
    松居大悟
    発売元
    太田出版
    発売日
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • タイトル
    恋と罰【単話売 3】
    著者
    松居大悟
    発売元
    太田出版
    発売日
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • タイトル
    恋と罰 下
    著者
    松居大悟
    発売元
    太田出版
    発売日
    新品価格
    より
    中古商品
    より

■ 音楽作品

  • タイトル
    私たちのハァハァ [DVD]
    歌手
    発売元
    ポリドール映像販売会社
    発売日
    2016年6月29日
    新品価格
    ¥ 4,990 より
    中古商品
    ¥ 3,480 より

芸名松居大悟 性別男性 生年月日1985/11/02 星座さそり座 干支丑年 出身地福岡県 身長164cm 体重57kg 靴のサイズ27cm 職種タレント・俳優・女優/文化人 資格・免許普通自動車 趣味・特技イラスト/映画観賞 プロフィール慶應義塾大学在学中に演劇ユニット“ゴジゲン”を旗揚げ、全作品の作・演出・出演を手掛ける。他、東京グローブ座プロデュースで『トラストいかねえ』の作・演出など。演劇のみならず、2009年にはNHK『ふたつのスピカ』で同局最年少のドラマ脚本家デビューを果たす。自主映画も積極的に撮り続け、沖縄映像祭2010では自身が監督・脚本を手掛けた『ちょうどいい幸せ』でグランプリ受賞。2012年2月商業映画の初監督作『アフロ田中』が公開。まっすぐで優しい世界の中に、切なさを垣間見せる作品を作り上げる彼の今後の活動に注目が集まる若手クリエイターの筆頭。 代表作品映画『スイートプールサイド』(監督/脚本)(2014)/映画『自分のことばかりで情けなくなるよ』(監督/脚本)(2014)/映画『アフロ田中』監督(2012) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 映画
  • 作品
  • 監督
  • アニメ
  • コラム
  • テレビ
  • テレビドラマ
  • ビデオ
  • ミュージック
  • ラジオ
  • 俳優
  • 出典
  • 受賞歴
  • 漫画
  • 短編
  • 舞台
  • 長編
  • 関連