誕生日データベース

天田愚庵あまだぐあん

歌人[日本]

(嘉永7年7月20日生)

1854年 8月13日

1904年 1月17日 死去享年51歳

天田 愚庵(あまだ ぐあん、嘉永7年7月20日(1854年8月13日) - 明治37年(1904年)1月17日)は、江戸時代末期(幕末)から明治にかけての武士、歌人。
本名、天田五郎、1881年から1884年まで山本五郎。
漢詩や和歌に優れ、俳人正岡子規にも影響を与えた。
生涯 1854年(嘉永7年)、父・磐城平藩士・甘田平太夫、母で同藩医の娘・浪の5男として誕生。
幼名を久五郎。
兄弟は多かったが、いずれも夭折し久五郎15歳の時は長兄・善蔵、妹・延の2人だけであった。
1868年(明治元年)、戊辰戦争において磐城国も戦場となると、兄・善蔵が出陣し父は残る家族を連れて中山村に疎開するが、のち久五郎も戦場に赴いた。
平城は間もなく陥落し、久五郎は仙台へ落ち延びるが、父母らが行方不明となる。
平に帰藩し謹慎を命ぜられ、翌年その命を解かれ、藩校・佑賢堂に入校。
猪瀬伝一、伊藤祐之らの知友を得る。
1871年(明治4年)秋、伊藤と共に上京、神田駿河台のニコライ神学校に入る。
1872年(明治5年)に縁あって正院の役職にあった小池詳敬の食客となり、その紹介により山岡鉄舟の門下となり、また落合直亮について国学を学ぶ。

■ 関連書籍

連想語句
  • 生涯
  • 磐城
  • 久五郎
  • 五郎
  • 兄弟
  • 和歌
  • 善蔵
  • 家族
  • 幕末
  • 戊辰
  • 戦争
  • 戦場
  • 明治
  • 書籍
  • 栄典
  • 歌人
  • 正岡子規
  • 武士
  • 江戸時代
  • 漢詩
  • 著作
  • 辞世
  • 逸話
  • いずれ
  • 交流
  • 俳人
  • 元年
  • 出陣
  • 嘉永
  • 天田
  • 夭折
  • 山本
  • 山村
  • 平太夫
  • 幼名
  • 末期
  • 本名
  • 甘田
  • 藩医
  • 誕生
  • 長兄