誕生日データベース

天田愚庵あまだぐあん

歌人、禅、嘉永7年7月20日生[日本]

1854年 8月13日

1904年 1月17日 死去享年51歳

天田 愚庵(あまだ ぐあん、嘉永7年7月20日(1854年8月13日) - 明治37年(1904年)1月17日)は、江戸時代末期(幕末)から明治にかけての武士、歌人。
本名、天田五郎、1881年から1884年まで山本五郎。
漢詩や和歌に優れ、俳人正岡子規にも影響を与えた。
生涯 1854年(嘉永7年)、父・磐城平藩士・甘田平太夫、母で同藩医の娘・浪の5男として誕生。
幼名を久五郎。
兄弟は多かったが、いずれも夭折し久五郎15歳の時は長兄・善蔵、妹・延の2人だけであった。
1868年(明治元年)、戊辰戦争において磐城国も戦場となると、兄・善蔵が出陣し父は残る家族を連れて中山村に疎開するが、のち久五郎も戦場に赴いた。
平城は間もなく陥落し、久五郎は仙台へ落ち延びるが、父母らが行方不明となる。
平に帰藩し謹慎を命ぜられ、翌年その命を解かれ、藩校・佑賢堂に入校。
猪瀬伝一、伊藤祐之らの知友を得る。
1871年(明治4年)秋、伊藤と共に上京、神田駿河台のニコライ神学校に入る。
1872年(明治5年)に縁あって正院の役職にあった小池詳敬の食客となり、その紹介により山岡鉄舟の門下となり、また落合直亮について国学を学ぶ。

■ 関連書籍

タイトル
歌人天田愚庵の生涯
著者
堀浩良
発売元
同朋舎
発売日
1984-01
新品価格
より
中古商品
¥ 1,680 より
タイトル
歌僧天田愚庵『巡礼日記』を読む―父母の面影を求めて西国霊場巡り
著者
松尾心空
発売元
鈴木出版
発売日
2004-10-01
新品価格
¥ 14,856 より
中古商品
¥ 878 より
タイトル
天田愚庵の生涯
著者
川嶋隆史
発売元
文学の森
発売日
2014-05
新品価格
より
中古商品
¥ 698 より
タイトル
坊主持ちの旅ー江政敏と天田愚庵
著者
不破俊輔
発売元
北海道出版企画センター
発売日
2015-08-10
新品価格
¥ 2,592 より
中古商品
¥ 820 より
タイトル
天田愚庵の世界 (1969年)
著者
発売元
天田愚庵の世界刊行会
発売日
1969
新品価格
より
中古商品
¥ 3,986 より
タイトル
天田愚庵―自伝と順礼日記 (古川叢書)
著者
高藤武馬
発売元
古川書房
発売日
1984-11
新品価格
より
中古商品
¥ 9,400 より
タイトル
天田愚庵―その歌と周囲の人々
著者
中野菊夫
発売元
至芸出版社
発売日
1986-01
新品価格
より
中古商品
¥ 1,000 より
タイトル
明治文學全集 64 明治歌人集
著者
服部躬治
発売元
筑摩書房
発売日
2013-01-28
新品価格
¥ 8,100 より
中古商品
¥ 2,418 より
タイトル
愚庵全集 (1934年)
著者
天田鉄眼
発売元
政教社出版部
発売日
1934
新品価格
より
中古商品
¥ 2,756 より
タイトル
東海遊侠伝 (リプリント日本近代文学 84)
著者
天田愚庵
発売元
国文学研究資料館
発売日
2007-06
新品価格
より
中古商品
より
連想語句
生涯磐城久五郎五郎兄弟和歌善蔵家族幕末戊辰戦争戦場明治歌人正岡子規武士江戸時代漢詩疎開編集いずれのち俳人元年出陣参考嘉永天田夭折山本山村平太夫幼名影響書籍末期本名甘田目次脚注著作藩医誕生辞世逸話長兄

↑ PAGE TOP