生年月日データベース

海老沼匡えびぬままさし

柔道[日本]

1990年 2月15日 生 (満28歳)

海老沼 匡(えびぬま まさし、1990年2月15日 - )は、日本の柔道家(66kg級)。
栃木県小山市出身。
血液型はO型。
組み手は左組み。
段位は参段。
得意技は背負投。
パーク24所属。
ロンドンオリンピックの柔道66キロ級銅メダリスト。
柔道は5歳の時に兄二人の影響で、後に60kg級世界チャンピオンの高藤直寿も所属することになる野木町柔道クラブで始めた。
講道学舎出身。
長兄に個人インカレを制覇した海老沼聖(現パーク24)、次兄に流通経済大学所属の海老沼毅がいる。
世田谷学園高校を卒業後は明治大学に進学、卒業後は明治大学・講道学舎の先輩である吉田秀彦が柔道部監督を務めるパーク24に就職した。
グランドスラム・東京2009ではIJFワールド柔道ツアー初の金メダルを獲得した。
しかし期待されたワールドマスターズ2010では5位だった。
2011年の8月にパリで開催された世界選手権では、決勝でブラジルのレアンドロ・クーニャに内股で一本勝ちして優勝を飾った。
2012年5月の選抜体重別では決勝で筑波大学の森下純平を支釣込足で破って今大会3連覇を飾り、ロンドンオリンピック代表に選出された。

柔道(男子66kg級)選手。 1990年2月15日生まれ。栃木県出身。身長170cm。 経歴:世田谷学園高等学校→明治大学 得意技は背負投。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 柔道
  • オリンピック
  • 世界
  • スタイル
  • パーク
  • メダリスト
  • ランキング
  • リオデジャネイロ
  • ロンドン
  • 名鑑
  • 対戦
  • 座右の銘
  • 成績
  • 戦績
  • 有力
  • 競技
  • 組み手
  • 背負投
  • 選手
  • 関連
  • 世界選手権
  • 優勝
  • 出身
  • 努力
  • 卒業
  • 大会
  • 得意技
  • 所属
  • 明治大学
  • 段位
  • 選手権