生年月日データベース

小田切秀雄おだぎりひでお

文芸評論家[日本]

1916年 9月20日

2000年 5月24日 死去享年85歳

小田切 秀雄(おだぎり ひでお、1916年(大正5年)9月20日 - 2000年(平成12年)5月24日) は、日本の文芸評論家、近代文学研究者。
経歴・人物 東京出身。
母方の伯父に医学者杉田直樹がいる。
府立高等学校尋常科を経て高等科文科1年の時、1933年、学内の共産党グループのキャップとして治安維持法違反で警視庁目黒署に逮捕され、75日間勾留後に「軽はずみでした、もうしません」と宣誓書を書いて転向し、起訴猶予処分で釈放され、高等学校から諭旨退学処分を受ける。
1935年、学生運動に参加せず学業に専念することを条件として法政大学予科に編入学を認められる。
法政大学国文科卒業。
1941年、『万葉の伝統』で注目されたが、1943年応召、1944年に荒正人や佐々木基一とのマルクス主義文学研究会が原因で再び治安維持法違反に問われ逮捕されたが、結核により勾留停止となり釈放。
戦後、雑誌『近代文学』の創刊に加わる。
戦時中は「少国民」に「キミガヨ」の「ありがたさ」を説いた翼賛的な作品を書いていたが、1946年創刊の『文学時標』では「純粋なる文学の名において、かれら厚顔無恥な、文学の冒涜者たる戦争責任者を最後の一人にいたるまで、追求し(ママ)、弾劾し、読者とともにその文学上の生命を葬らんとするものである」と謳い、毎号「文学検察」欄で戦争協力文学者を糾弾。

■ 関連書籍

おだぎりひでお [生]1916.9.20.東京[没]2000.5.24.東京評論家。法政大学国文科卒業。在学中から『文芸学資料月報』などの同人誌を刊行,近代文学,近世文学に関する執筆活動を行なった。雑誌『近代文学』の創刊(1946)に参加したが,「政治と文学」論争を機として平野謙,荒正人らと意見を異にして袂を分ち,新日本文学会の設立に参加。以後一貫してマルクス主義文芸学に基づく評論活動を続け,戦争責任や転向問題を追求。65年には『文学的立場』を創刊し,文学者における自我の空疎化を批判するなど,文学の社会的責任を問い続けた。『民主主義文学論』(48),『近代日本の作家たち』正続(62),『日本近代文学の思想と状況』(65),『北村透谷論』(70),『現代文学史』上下(75)など多くの著書がある。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 学校
  • 法政大学
  • 共産党
  • 処分
  • 府立高
  • 文芸
  • 杉田直樹
  • 治安維持
  • 編著
  • 荒正人
  • 著書
  • 評論家
  • 起訴猶予
  • 転向
  • 関連
  • 高等
  • キャップ
  • グループ
  • 万葉
  • 予科
  • 伝統
  • 伯父
  • 出身
  • 勾留
  • 医学者
  • 卒業
  • 参加
  • 国文科
  • 学内
  • 学業
  • 学生
  • 宣誓書
  • 専念
  • 尋常
  • 応召
  • 文科
  • 日本
  • 条件
  • 東京
  • 母方
  • 注目
  • 目黒
  • 研究者
  • 編入学
  • 諭旨
  • 警視庁
  • 近代文学
  • 退学
  • 逮捕
  • 運動
  • 違反
  • 釈放