生年月日データベース

高田繁たかだしげる

プロ野球選手、監督[日本]

1945年 7月24日 生 (満73歳)

高田 繁(たかだ しげる、1945年7月24日 - )は大阪府大阪市住吉区出身の元プロ野球選手(外野手、内野手)、元プロ野球監督。
現在は横浜DeNAベイスターズのゼネラルマネージャーを務める。
プロ入り前 1961年、浪商高校に入学。
1年生の時、2年生エース尾崎行雄を擁し、第43回全国高等学校野球選手権大会に出場。
準決勝では、甲子園で二度敗れている法政二高と対戦。
尾崎と法政二高のエース柴田勲投手との投げ合いとなり、延長11回の熱戦の末4-2で勝利。
決勝では桐蔭高に苦戦するが1-0で降し優勝を飾る。
この時のチームメートには、いずれも3年生の大塚弥寿男捕手、住友平二塁手、大熊忠義三塁手が揃っていた。
1962年夏は大阪大会準々決勝で溜池敏隆遊撃手のいた興国商に敗退。
1963年夏はエースとして大阪大会準決勝に進出するが、PL学園の戸田善紀投手と投げ合い2-3で惜敗、甲子園には届かなかった。
1964年、明治大学農学部農業経済学科に進学。
大学球界を代表する中堅手として活躍した。
東京六大学リーグでは優勝こそなかったものの、1年生の秋季リーグから7季連続ベストナインを受賞している。

■ 映像作品

■ 関連書籍

プロ野球選手・指導者。通称「壁際の魔術師」。 右投右打、ポジションは外野手→内野手。背番号は8番。 1945年7月24日生まれ。大阪府出身。 浪華商業高校で1961年、尾崎行雄と共に夏の甲子園に出場。 卒業後、明治大学に進学。1年次より活躍し、7期連続ベストナインを受賞。通算127安打の東京六大学野球リーグ記録を樹立。 1968年、ドラフト1位で読売ジャイアンツに入団。 1年目より外野手として出場、新人王を受賞。 2番打者としてジャイアンツのV9黄金時代を支えた。 守備に関しても卓越した技術を持ち、「壁際の魔術師」と呼ばれた。 1975年、三塁手に転向。 1980年、現役引退。 1981年、NHKの野球解説者となる。 1985年、日本ハム・ファイターズの監督に就任。 1989年、退団。 1996年、読売ジャイアンツの一軍守備・走塁コーチに就任。 1998年、同球団二軍監督に就任。 2002年、ラジオ日本の解説者を務める。また、マスターズリーグ、札幌アンビシャスの選手としても活躍。 2005年、北海道日本ハムファイターズのゼネラルマネージャー(GM)に就任。見事な手腕を発揮し、チームを強豪にのし上げた。 2008年、東京ヤクルトスワローズの2代目監督に就任する。 2010年 シーズン開幕からの不振により電撃退任し、当時ヘッドコーチだった小川淳司が監督代行となる。 現在はDeNA球団初代GMに就任している。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 監督
  • プロ野球
  • 日本ハム
  • 現役
  • 選手
  • コーチ
  • ゼネラル
  • プロ
  • ベイスターズ
  • マネージャー
  • ヤクルト
  • 二軍
  • 住之江区
  • 住吉区
  • 内野手
  • 外野手
  • 大阪市
  • 大阪府
  • 巨人
  • 引退
  • 時代
  • 横浜
  • たかだ
  • 出身
  • 打撃
  • 現在
  • 高田