誕生日データベース

後藤新平ごとうしんぺい

政治家、台湾総督府民政長官、満鉄初代総裁、伯爵[日本]

(安政4年6月4日生)

1857年 7月24日

1929年 4月13日 死去脳溢血享年73歳
後藤新平の最期の言葉
よく聞け、金を残して死ぬ者は下だ。仕事を残して死ぬ者は中だ。人を残して死ぬ者は上だ。よく覚えておけ。
後藤新平 - ウィキペディアより引用

後藤 新平(ごとう しんぺい、安政4年6月4日(1857年7月24日) - 昭和4年(1929年)4月13日)は日本の医師・官僚・政治家。
位階勲等爵位は正二位勲一等伯爵。
台湾総督府民政長官。
満鉄初代総裁。
逓信大臣、内務大臣、外務大臣。
東京市第7代市長、ボーイスカウト日本連盟初代総長。
東京放送局(のちの日本放送協会)初代総裁。
拓殖大学第3代学長を歴任した。
計画の規模の大きさから「大風呂敷」とあだ名された、植民地経営者であり、都市計画家である。
台湾総督府民政長官、満鉄総裁を歴任し、日本の大陸進出を支え、鉄道院総裁として国内の鉄道を整備した。
関東大震災後に内務大臣兼帝都復興院総裁として東京の帝都復興計画を立案した(都市計画の項も参照推奨)。
甥に政治家の椎名悦三郎、娘婿に政治家の鶴見祐輔、孫に社会学者の鶴見和子、哲学者の鶴見俊輔、演出家の佐野碩、義孫に法学者の内山尚三、曾孫に歴史家の鶴見太郎をもつ。
生涯 生い立ち・医師時代 仙台藩水沢城下に、仙台藩一門留守家の家臣・後藤実崇と利恵の長男として生まれる。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

後藤新平(1857年〜1929年) 現在の岩手県奥州市水沢区生まれ。 明治・大正の政治家。台湾総督府民政長官、南満洲鉄道総裁、鉄道院総裁、内務大臣、外務大臣、東京市長などを歴任した。 少年団日本連盟(現 財団法人ボーイスカウト日本連盟)初代総裁。 http://www.isop.ne.jp/atrui/mizu/goto.html 九州のJR肥薩線を走る観光列車「しんぺい」は、同線のトンネルの一つに後藤が揮毫した「引重致遠」の扁額が掲げられていることにちなむ。 後藤新平の会 http://goto-shimpei.org/ (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 日本
  • 大臣
  • 東京
  • 総裁
  • 台湾
  • 復興
  • 総督
  • 計画
  • 都市
  • 鉄道
  • 内務
  • 初代
  • 帝都
  • ボーイスカウト
  • 伯爵
  • 位階
  • 勲一等
  • 勲等
  • 医師
  • 外務
  • 大震災
  • 官僚
  • 拓殖大学
  • 政治家
  • 日本放送協会
  • 植民地
  • 歴任
  • 民政
  • 満鉄
  • 爵位
  • 画家
  • 逓信
  • 連盟
  • 長官
  • 関東
  • あだ名
  • 事業
  • 国内
  • 大綬章
  • 大陸
  • 大風呂敷
  • 学長
  • 市長
  • 推奨
  • 放送局
  • 整備
  • 旭日
  • 桐花
  • 満州
  • 立案
  • 経営者
  • 総長
  • 規模
  • 進出
  • 開発
  • 震災
  • 風呂敷