生年月日データベース

石毛博史いしげひろし

プロ野球選手[日本]

1970年 7月13日 生 (満48歳)

石毛 博史(いしげ ひろし、1970年7月13日 - )は、千葉県銚子市出身の元プロ野球選手(投手)。
プロ野球指導者。
巨人時代 銚子市立銚子高等学校では2年生の時、1987年夏の甲子園県予選準決勝に進むが、東海大浦安に敗退。
1988年、社会人野球の住友金属鹿島への入社が内定していたが、ドラフト外で読売ジャイアンツに入団。
肘の故障があったため、専らリリーフ投手として活躍。
東京ドームで行われた1990年のジュニア日本選手権で中日ドラゴンズの清水雅治にサヨナラ本塁打を浴びている。
1992年、宮田征典投手コーチに「故障で長いイニングは持たないが、連投の効く体質を見出され(本人談)」、藤田元司監督に抑え投手としての適性を見出される。
1993年には最高速154km/hの荒れ球のストレート(故障で肘が曲がっていることによる)とフォークボール・スライダーを武器に当時の球団記録となる30セーブを挙げ、最優秀救援投手のタイトルを獲得。

プロ野球選手。 右投右打、ポジションは投手。背番号は24→17→48番。 1970年7月13日生まれ。千葉県出身。 市立銚子高から1988年、ドラフト外で読売ジャイアンツに入団。肘の故障があったため専らリリーフ投手として活躍。 1991年、一軍に定着。 1993年、30セーブを挙げて最優秀救援投手のタイトルを獲得。しかし、制球力に不安があるため、その登板は石毛劇場などと揶揄された。 1994年、セ・リーグ優勝、日本一に貢献。 1997年、石井浩郎との交換トレードで、吉岡雄二と共に近鉄バファローズに移籍。 先発に転向し、1997年には4勝を挙げた。2001年のパ・リーグ優勝にも貢献。 2002年には2試合の出場に終わる。 2003年、阪神タイガースへ移籍。主に中継ぎとして登板。所属した全ての球団で優勝を経験。 2005年、現役引退。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 投手
  • 成績
  • 時代
  • プロ野球
  • ゴールド
  • タイトル
  • ビリケーンズ
  • リーグ
  • 千葉県
  • 大阪
  • 巨人
  • 年度
  • 独立
  • 背番号
  • 表彰
  • 記録
  • 詳細
  • 資料
  • 近鉄
  • 選手
  • 銚子市
  • 関連
  • 阪神
  • いしげ
  • ひろし
  • 出身
  • 博史
  • 指導者
  • 石毛