誕生日データベース

小絲源太郎こいとげんたろう

画家[日本]

1887年 7月13日

小絲 源太郞(こいと げんたろう、新字体:小糸 源太郎、1887年(明治20年)7月13日 - 1978年(昭和53年)2月6日)は、洋画家。
東京府東京市下谷区(現東京都台東区)生まれ。
小絲源四郎、はなの長男として東京市下谷区上野元黒門町20番地に生まれる。
生家は料理屋で、「揚げ出し」の名で知られた。
1904年(明治37年)に東京の神田中学校を卒業した年に、白馬会の展覧会で藤島武二の「蝶」を見て感動、画家を志す。
翌春、藤島の指導する白馬会駒込研究所に入り、デッサンを学ぶ。
東京美術学校金工科卒業、西洋画科中退。
在学中の1910年(明治43年)、文展に入選。
1933年(昭和8年)帝室審査員。
金沢美術工芸大学教授、東京芸術大学教授を務めた。
当初は、写実的で穏健な画風だったが、明快で強い画風に変えてから、評価されるようになった。
1954年(昭和29年)、日本芸術院賞受賞、1959年(昭和34年)、日本芸術院会員。
1961年(昭和36年)、日展常務理事。
1965年(昭和40年)、文化勲章受章(同日文化功労者)。
同年の第16回NHK紅白歌合戦で審査員の一人を務めた。

■ 関連書籍

こいとげんたろう [生]1887.7.13.東京[没]1978.2.6.東京洋画家。1911年東京美術学校金工科を卒業後西洋画科に再入学したが,14年病気のため中途退学。在学中すでに10年の第4回文展に『魚河岸』が初入選し,以後文展,帝展に出品を重ね,31年に光風会会員,62年に退会。一時期宋元院体画風の細密描写を試みたが,第2次世界大戦後は日展と光風会展を中心に,簡潔な描図と明快な筆致の穏健な風景画を発表。59年日本芸術院会員,65年文化勲章受章。主要作品『獺祭(だっさい)図』(1931),『田園調布』(58),『遠雷』(61,東京国立近代美術館)。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 東京
  • 下谷
  • 展覧会
  • 明治
  • 作品
  • 卒業
  • 台東区
  • 学校
  • 教授
  • 文展
  • 木版画
  • 東京美術
  • 東京芸術大学
  • 東京都
  • 洋画家
  • 版画家
  • 画集
  • 白馬会
  • 藤島武二
  • 金沢美術工芸大学
  • はな
  • デッサン
  • 上野
  • 中学校
  • 中退
  • 入選
  • 同年
  • 在学
  • 審査
  • 小絲
  • 岡田
  • 工科
  • 帝室
  • 感動
  • 指導
  • 揚げ出し
  • 料理
  • 旧制
  • 昭和
  • 清次郎
  • 源四郎
  • 熊吉
  • 生家
  • 画家
  • 発表
  • 研究所
  • 神田
  • 翌春
  • 藤島
  • 西村
  • 西洋画
  • 転入
  • 長男
  • 駒込
  • 黒門町