生年月日データベース

芥川也寸志あくたがわやすし

作曲家指揮者[日本]

1925年 7月12日

1989年 1月31日 死去肺がん享年65歳
芥川也寸志 - ウィキペディアより引用

芥川 也寸志(あくたがわ やすし、1925年7月12日 - 1989年1月31日)は、日本の作曲家、指揮者。
JASRACメンバー。
快活で力強い作風と言われ、特に人気のある代表作に『交響三章』『交響管弦楽のための音楽』『弦楽のための三楽章』などが挙げられる。
また映画音楽・放送音楽の分野でも『八甲田山』『八つ墓村(野村芳太郎監督)』『赤穂浪士のテーマ』などが知られると共に、童謡『小鳥の歌』『こおろぎ』等の作曲者としても知られる。
そのほか、多くの学校の校歌や日産自動車の「世界の恋人」など、団体(企業等)のCMソングや社歌も手がけている。
来歴・人物 文豪・芥川龍之介の三男として東京市滝野川区(現・北区)田端に生まれる。
母は海軍少佐・塚本善五郎の娘・文。
兄は俳優・芥川比呂志。
也寸志の名は龍之介が親友の法哲学者・恒藤恭(つねとう きょう)の名「恭」を訓読みし万葉仮名に当て命名された。
父は1927年に自殺したが、也寸志は父の遺品であるSPレコードを愛聴し、とりわけストラヴィンスキーに傾倒した。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

あくたがわやすし [生]1925.7.12.東京[没]1989.1.31.東京作曲家。小説家芥川龍之介の三男として生まれる。兄は俳優の芥川比呂志。1945年東京音楽学校作曲科を卒業。在学中に恩師の伊福部昭に出会い大きな影響を受けた。1950年に出世作となった『交響管弦楽のための音楽』を発表,日本放送協会NHK主催のNHK放送25周年記念管弦楽懸賞で特選入賞を果たした。初期の作風は,現代ロシア音楽の影響が色濃く,1953年にはソビエト連邦のドミトリー・ショスタコビッチらを訪問。1957年インドのエローラ石窟寺院を訪れ,翌1958年発表した『エローラ交響曲』ではアジア的世界を表現した。オペラ『暗い鏡』(1960),『チェロとオーケストラのためのコンチェルト・オスティナート』(1969),『オルガンとオーケストラのための響き』(1986)などの作品で新しい世界を提示した。また,日本作曲家協議会会長,日本音楽著作権協会理事長として音楽家の活動基盤の整備に奔走,新交響楽団などアマチュアオーケストラの支援活動,NHKの音楽番組「音楽の広場」での司会など,幅広い活動を行なった。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 出演
  • 団体
  • 音楽
  • テレビ
  • ラジオ
  • 中学校
  • 作品
  • 公共
  • 合唱曲
  • 器楽
  • 地方
  • 声楽曲
  • 大学
  • 学校
  • 室内楽
  • 専門
  • 小学校
  • 幼稚
  • 指揮者
  • 放送
  • 映画
  • 校歌
  • 歌劇
  • 社歌
  • 童謡
  • 管弦楽
  • 組合
  • 著書
  • 訳書
  • 門下
  • 高校
  • アシスタント
  • メンバー
  • 日本
  • 音楽著作権協会