誕生日データベース

アンドリュー・ワイエスAndrew Newell Wyeth

画家[アメリカ]

1917年 7月12日

アンドリュー・ワイエス - ウィキペディアより引用
アンドリュー・ワイエス(Andrew Wyeth,1917年7月12日 - 2009年1月16日)は、20世紀のアメリカの画家。
アメリカン・リアリズムの代表的画家であり、アメリカの国民的画家といえる。
日本においてもたびたび展覧会で紹介され、人気が高い。
1917年、ペンシルベニア州フィラデルフィア郊外のチャッズ・フォードに生まれる。
心身ともに虚弱であったワイエスは、ほとんど学校教育を受けず、家庭教師から読み書きを習った。
絵の師は著名なイラストレーター(挿絵画家)であった父親(N.C.ワイエス)である。
ワイエスは自宅のある、生地チャッズ・フォードと、別荘のあるメーン州クッシングの2つの場所以外にはほとんど旅行もせず、彼の作品はほとんどすべて、この2つの場所の風景と、そこに暮らす人々とがテーマになっている。
代表作「クリスティーナの世界」に登場するクリスティーナは、ワイエスの別荘の近くに住んでいたオルソン家の女性である。
生来病弱で孤独に育ったワイエスは、この、ポリオで足が不自由な女性が、何もかも自分の力でやってのける生命力に感動し、出会いの時からその死まで30年に亘ってこの女性を描き続けた。

■ 関連書籍

「アンドリュー・ワイエス」と関連する人物

連想語句
  • ワイエス
  • 画家
  • アメリカ
  • 作品
  • 父親
  • アメリカン
  • エピソード
  • コンヴァース
  • テンペラ
  • ニューウェル
  • ヘルガ
  • モデル
  • リアリズム
  • 人種
  • 対象
  • 少年
  • 差別
  • 影響
  • 時代
  • 水彩
  • 絵画
  • 黒人
  • ころ
  • アメリカ人
  • テクニック
  • デッサン
  • ドライ
  • フィルム
  • ブラシ
  • 中高年
  • 事故死
  • 人々
  • 他言語
  • 位置
  • 写実
  • 執筆
  • 女性
  • 弱者
  • 戦前
  • 戦後
  • 挿絵
  • 新規
  • 東部
  • 様子
  • 現在
  • 田舎
  • 男性
  • 白人
  • 目線
  • 確認
  • 系譜
  • 美術
  • 翻訳
  • 背景
  • 英語
  • 表現
  • 詩情
  • 鉛筆
  • 障害
  • 黒人街