生年月日データベース

犬飼基昭

男子サッカー選手、日本サッカー協会会長[日本]

1942年 7月5日

犬飼 基昭(いぬかい もとあき、1942年7月5日 - )は、日本の元サッカー選手。
第11代日本サッカー協会会長。
埼玉県浦和市(現・さいたま市)出身。
埼玉県立浦和高等学校時代の1961年に日本ユース代表に選出されAFCユース選手権に出場した経験を持つ。
卒業後に慶應義塾大学商学部に進学し、体育会ソッカー部へ入部。
4年時に主将を務める。
1965年に三菱重工業に入社し、選手として日本サッカーリーグの三菱重工業サッカー部でプレー。
日本リーグ通算27試合出場4得点1アシスト、天皇杯通算1試合出場の記録を残し、1968年に現役を引退した。
犬飼は、現役時代の自身のポジションについて、「今で言うトップ下。
4-3-3の真ん中で前めのポジションをやっていました」と述べている。
1970年からは三菱自動車に転籍し、1993年からは海外本部欧州部長、1998年からは欧州三菱自動車取締役社長などを歴任し、2002年に浦和レッドダイヤモンズ取締役社長に就任。

■ 関連書籍

いぬかい-もとあき 1942-昭和後期-平成時代のサッカー選手,指導者。昭和17年7月5日生まれ。浦和高から慶大にすすみ,サッカー部主将をつとめる。昭和40年三菱重工業に入社し,日本リーグで活躍。43年現役引退。三菱自動車工業海外本部欧州部長,同欧州三菱自動車工業社長などをへて,平成14年浦和レッズ社長。18年浦和レッズ社長を退任,Jリーグ専務理事となる。20年日本サッカー協会会長。埼玉県出身。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • ユース
  • 慶應義塾大学
  • さいたま市
  • カー
  • バック
  • パス
  • ベスト
  • メンバー
  • リーグ
  • 代表
  • 体育会
  • 個人
  • 埼玉
  • 埼玉県
  • 天皇杯
  • 学校
  • 成績
  • 施策
  • 日本
  • 浦和
  • 浦和市
  • 県立
  • 禁止
  • 秋春
  • 移行
  • 規定
  • 選手権
  • 関連
  • 高等
  • サッカー
  • 主将
  • 会長
  • 入部
  • 出場
  • 出身
  • 卒業
  • 協会
  • 商学部
  • 時代
  • 経験
  • 進学
  • 選出