誕生日データベース

南野陽子みなみのようこ

女優歌手[日本]

1967年 6月23日

南野 陽子(みなみの ようこ、1967年6月23日 - )は、日本の女優、タレント、歌手。
愛称はナンノ。
兵庫県伊丹市出身。
所属事務所は、エスワン・カンパニー及び劇団青年座、サザンフィールド(“南野”の英訳、個人事務所)、スイートベイジルを経て、現在はケイダッシュ。
上京・芸能界入り 松蔭高等学校在学中にオーディションに合格、高校2年生の夏に上京し、堀越高等学校に3学期から編入した。
1984年9月からドラマ『名門私立女子高校』に出演し、芸能界デビュー。
1985年-1989年 1985年6月23日に「恥ずかしすぎて」で歌手デビュー。
同年11月からフジテレビ系ドラマ『スケバン刑事』シリーズ第2作『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』で主役を演じ、一躍ブレイクしトップアイドルの座を獲得。
1986年3月に発売された同ドラマの主題歌「悲しみモニュメント」が、初のオリコンチャートトップ10入りとなる。
1986年10月2日からニッポン放送のラジオ番組『南野陽子 ナンノこれしきっ!』が始まり、1990年6月24日の終了までパーソナリティを務めた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

芸名南野陽子 性別女性 生年月日1967/06/23 星座かに座 干支未年 出身地兵庫県 身長162cm 体重43kg 職種タレント・俳優・女優 プロフィール私立松蔭高等学校在学中にオーディションに合格。高校2年で上京し、堀越学園堀越高校に転校。1984年、日本テレビ『名門私立女子高校』でデビュー。青年漫画雑誌のグラビアでは異例の大量ページで取り上げられ、1986年にはフジテレビ大人気ドラマ・スケバン刑事シリーズ第2作目の、『スケバン刑事II~少女鉄仮面伝説~』の主役二代目スケバン刑事(デカ)麻宮サキを演じ一躍ブレイク。「許さんぜよ!」というセリフが若者の間でも流行する。またフジカラーなど多数のCMキャラクターを務めたことで中高年など幅広い年代層にも認知される。1985年『恥ずかしすぎて』で歌手デビュー、アイドル歌手としての活動も開始。中山美穂、浅香唯と共に、女性アイドル四天王とよばれ、時代を築きあげた。1992年に映画『私を抱いて、そしてキスして』、映画『寒椿』での好演で日本アカデミー賞を受賞。以後、女優としてドラマや映画、舞台でも活躍。 代表作品フジテレビ『スケバン刑事Ⅱ』/映画『スケバン刑事』/映画『寒椿』 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 日本
  • 兵庫県
  • 大言壮語
  • みなみの
  • ようこ
  • 不足
  • 伝記
  • 出典
  • 出生地
  • 南野
  • 生年月日
  • 陽子