誕生日データベース

ジョセフ・エストラーダJoseph Estrada

俳優政治家大統領[フィリピン]

ジョセフ・エストラーダ - ウィキペディアより引用
ジョセフ・エストラーダ(Joseph Estrada、 1937年4月19日 - )は、フィリピンの政治家、俳優。
マニラ市長。
元フィリピン大統領 。
愛称のErap(エラップ)は「兄弟」と言うタガログ語 Pare の綴りをさかさまにしたもの。
マニラでも貧しい地区トンドで生まれるが、彼の家庭は中流階級であった。
アテネオ・デ・マニラ大学を退学になり、マプア工科大学に入学するが俳優になるために中退。
100以上の映画に出演。
元俳優の大統領という経歴は、アメリカ合衆国のロナルド・レーガンと共通している。
妻はフィリピン上院議員のルイサ・エストラーダ。
1998年のフィリピン大統領選挙において約40%の得票率を得て当選。
経済を活性化させるために特定の富裕層向けの優遇政策を打ち出すが、通貨ペソの下落を招くなど、芳しい結果は得られなかった。
13という数字は、キリスト教において不吉な数字であったため、自身のことを「戦後(第二次世界大戦を指す)9番目の大統領」と名乗っていたが、不正蓄財疑惑により、フィリピン議会から弾劾の訴追を受け、皮肉にも2000年11月13日に弾劾動議が成立、6年の大統領任期を大半を残して、退陣を余儀なくされた。
連想語句
フィリピンマニラ大学大統領ためページ存在弾劾来歴アテエストラーダキリスト教タガログ語トンドネオペソマプアルイサレーガンロナルド世界俳優大戦工科数字編集ことものアメリカエラップ上院下落不吉不正中流中退優遇兄弟入学共通出演動議合衆国地区家庭富裕層当選得票率忌み数愛称成立戦後政策映画活性化特定疑惑皮肉経歴経済結果自身蓄財訴追議会議員退学通貨選挙階級

↑ PAGE TOP