生年月日データベース

江藤智えとうあきら

プロ野球選手[日本]

1970年 4月15日

江藤 智(えとう あきら、1970年4月15日 - )は、東京都東大和市出身の元プロ野球選手(内野手)。
現在は読売ジャイアンツ一軍打撃コーチ。
プロ入り前 関東高等学校(現・聖徳学園高等学校)では通算61本塁打を記録。
2年時に投手から捕手へ転向したが、「東の江藤、西の谷繁」と言われるほどの強打の捕手として名を馳せた。
その長打力を買われて1988年度ドラフト会議にて広島東洋カープから5位指名を受けて捕手として入団。
広島時代 1年目の1989年は一軍未出場に終わるが、ジュニアオールスターゲームに出場するなどウエスタンリーグでは一定の活躍を見せた。
同年オフに背番号が33へ変更される。
1990年、4月に一軍初出場。
6月に初めてのスタメン出場を経験したが、このときの守備位置は右翼手だった。
その後も右翼手・一塁手として38試合に出場し、5本塁打を打ってアピールした。
1991年、肩を故障したのと打撃を生かすためにこの年から捕手から内野手(主に三塁手)に転向。

■ 関連書籍

プロ野球選手・指導者。 右投右打、ポジションは三塁手・一塁手・指名打者、背番号は33番。 1970年4月15日生まれ。東京都東大和市出身。182cm95kg。 関東高校から1989年、ドラフト5位で広島東洋カープに入団。 1991年、一軍に定着し三塁手の定位置を獲得。 カープ生え抜きのスラッガーとして、4番打者として長く活躍。 1990年代のカープ打撃陣を支えた。 1995年には本塁打王・打点王の2冠に輝く。 2000年、FA宣言して権利を行使し、読売ジャイアンツに移籍。 強打者としてセ・リーグ優勝・日本一に貢献。 2003年以降、出場機会が減少。 2006年、豊田清投手の人的補償の形で西武ライオンズへ移籍。 移籍後は指名打者として活躍。 同年9月13日、決勝の満塁本塁打を打った。 2009年、現役引退。 2010年、読売ジャイアンツの育成担当コーチに就任。 現役時代はその華麗な打撃フォームから、小久保裕紀と共に、絵に描いたような美しい本塁打を放つことで知られている。 (引用元 Hatena Keyword)

「江藤智」と関連する人物