生年月日データベース

山崎隆造やまさきりゅうぞう

プロ野球選手[日本]

1958年 4月15日 生 (満60歳)

山崎 隆造(やまさき りゅうぞう、1958年4月15日 - )は、広島県広島市出身の元プロ野球選手(外野手、内野手)。
愛称は「リュー」。
2003年から2011年までの登録名は「山崎 立翔」(読み同じ)。
来歴・人物 崇徳高校では、1976年、3年の時に一番打者、遊撃手として春の選抜に出場。
決勝で小山高を降し優勝を果たす。
夏の甲子園では3回戦で長崎海星に敗退。
黒田真二、小川達明や後の新日鉄君津~早稲田大学野球部監督の應武篤良は同期でチームメイトだった。
超高校級の遊撃手と騒がれ、1976年ドラフト1位で広島東洋カープに入団。
1978年後半から当時監督だった古葉竹識の勧めにより、高橋慶彦に次いでスイッチヒッターへ転向した。
しかし高橋がいたため遊撃手には定着出来ず、入団5年目までは内外野(主に二塁手と左翼手)をかけもちした。
1981年3月8日、熊本藤崎台球場でのオープン戦(対日本ハムファイターズ)で、村井英司の打球を追ってコンクリートフェンスに激突し、右ひざを骨折し全治2か月の重傷を負う。

■ 関連書籍

プロ野球、広島東洋カープの選手。 右投両打、ポジションは外野手。背番号は23→1番。 1958年4月15日生まれ。広島県出身。 祟徳高から1977年、ドラフト1位で広島東洋カープに入団。 古葉竹識監督の勧めによりスイッチヒッターに転向。1979年に一軍定着。 1983年より、3年連続3割を樹立。 走攻守三拍子揃ったスイッチヒッターの選手として活躍。 高橋慶彦とのスイッチヒッター1、2番コンビで1980年代のカープを支えた。 また、1984年より6年連続フル出場。オールスター出場3回。カープの黄金時代を支えた。 1993年、現役引退。引退後、コーチに就任。 1998年、二軍監督に就任。 2003年、「山崎立翔」に登録名を変更する。 現在は一軍守備走塁コーチ。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 関連
  • テレビ
  • プロ野球
  • 内野手
  • 出典
  • 外野手
  • 山崎
  • 年度
  • 広島市
  • 広島県
  • 成績
  • 打撃
  • 注釈
  • 背番号
  • 表彰
  • 記録
  • 詳細
  • 連載
  • 選手
  • やまさき
  • りゅうぞう
  • リュー
  • 出身
  • 愛称
  • 登録
  • 隆造