生年月日データベース

安藤駿介

男子サッカー選手[日本]

1990年 8月10日

安藤 駿介(あんどう しゅんすけ、1990年8月10日 - )は、東京都世田谷区出身のプロサッカー選手。
Jリーグ ディビジョン1・川崎フロンターレ所属。
ポジションはゴールキーパー。
中学生の時に川崎フロンターレU-15に入団し、川崎フロンターレU-18を経て2009年にトップチームに昇格した。
ユースから昇格のGKとしては鈴木洋平に次ぎ2人目である。
10月11日の第89回天皇杯2回戦で等々力で行われたレノファ山口戦で杉山力裕の第2GKとしてベンチ入りを果たす。
2010年、広州アジア大会の男子サッカー代表に選出されると、決勝までの7試合のうち6試合に出場し優勝に貢献。
以来、ロンドンオリンピック世代代表に名を連ねるようになる。
川島永嗣が退団してからもクラブでは出番がなかったが、2011年5月29日に等々力で行われたJリーグ ディビジョン1 第13節・ガンバ大阪戦で公式戦初出場。
この年は相澤貴志・杉山力裕に次ぐ第3GKだったがカップ戦も含め公式戦5試合に出場した。
2012年、ロンドンオリンピックサッカー男子代表に選出。

サッカー選手。ポジションはゴールキーパー。 1990年8月10日生まれ。東京都世田谷区出身。身長185cm、体重75kg。 2010年広州アジア競技大会U-21日本代表。正GKとして日本の初優勝に貢献した。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 川崎フロンターレ
  • 所属
  • キーパー
  • クラブ
  • ゴール
  • サッカー
  • リーグ
  • レノファ山口
  • 代表
  • 個人
  • 成績
  • 昇格
  • 杉山力裕
  • 等々力
  • 選手
  • 鈴木洋平
  • 関連
  • チーム
  • ッカー
  • ディビジョン
  • トップ
  • ポジション
  • ユース
  • 中学生
  • 入団
  • 天皇杯
  • 陸上競技