生年月日データベース

酒井宏樹さかいひろき

男子サッカー選手[日本]

1990年 4月12日

酒井宏樹 - ウィキペディアより引用

酒井 宏樹(さかい ひろき、1990年4月12日 - )は、長野県中野市出身のプロサッカー選手。
リーグ・アン・オリンピック・マルセイユ所属。
ポジションはディフェンダー(SB)、 ミッドフィールダー(SH)。
日本代表。
プロ入り前 幼い頃に千葉県柏市に引越し、年の離れた2人の兄の影響でサッカーを始め、小学3年生の時に地元のクラブチームへ入団。
当時はフォワードを務めていた。
小学6年生の時、一度練習に参加したことがきっかけで、柏レイソルの下部組織で練習生としてプレーするようになり、2003年、中学入学と同時に柏レイソルU-15へ正式加入。
吉田達磨の指導の下、酒井、工藤壮人、比嘉厚平、山崎正登、武富孝介、仙石廉、指宿洋史、島川俊郎、畑田真輝という計9名のプロ選手を輩出した柏レイソルユース「黄金世代」の一員として、初めは右サイドハーフ、中学3年生頃から左サイドバックを担当。

■ 映像作品

■ 関連書籍

さかい-ひろき 1990-平成時代のプロサッカー選手。平成2年4月12日生まれ。ポジションはDF(サイドバック)・MF(サイドハーフ)。中学1年の平成15年柏レイソルU-15に入団。21年柏レイソルのトップチームに昇格。同年ブラジルに短期留学。22年ヴァンフォーレ甲府戦がJリーグデビュー。23年柏レイソルのJ1初優勝に貢献し,Jリーグ・ベストイレブン,同ベストヤングプレーヤー賞にえらばれ,また国際サッカー連盟(FIFA)により「2012年注目の若手選手13人」に取り上げられた。24年キリンチャレンジカップのアゼルバイジャン戦でA代表デビュー。同年ドイツのハノーファー96に移籍。同じく24年ロンドン五輪代表にえらばれ,4試合に出場し,4位に入賞。26年FIFAワールドカップ(ブラジル大会)の日本代表にえらばれる。長野県出身。柏中央高卒。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 時代
  • マルセイユ
  • ミッドフィールダー
  • 代表
  • 日本
  • サッカー
  • ディフェンダー
  • 所属
  • アン
  • エピソード
  • オリンピック
  • クラブ
  • クロス
  • サイド
  • スタイル
  • ハノーファー
  • プレー
  • プロ
  • リーグ
  • 個人
  • 成績
  • 柏レイソル
  • 高速
  • バック
  • ポジション