生年月日データベース

青島健太あおしまけんた

プロ野球選手、スポーツキャスター[日本]

1958年 4月7日 生 (満60歳)

青島 健太(あおしま けんた、1958年4月7日 - )は、日本の元プロ野球選手(内野手)。
日本医療科学大学客員教授。
現在は主にスポーツキャスターとして活躍している。
来歴・人物 新潟県新潟市出身。
春日部高校から慶應義塾大学へ進学。
東京六大学リーグでは優勝に届かなかったが、主に三塁手としてチームの中軸を打ち、1979年秋季リーグ戦ではシーズン6本塁打(当時1位タイ)、22打点(現在もリーグ記録)を挙げて脚光を浴びる。
リーグ通算74試合に出場し260打数79安打、10本塁打、52打点、打率.304。
大学同期には玉川寿(日本石油)、千賀儀雄(東邦ガス)らがいた。
卒業後は東芝に進む。
1981年から4年連続で都市対抗に出場。
1981年の大会ではルーキーながら七番打者として活躍、決勝に進むが電電東京に惜敗。
1982年の第27回アマチュア野球世界選手権日本代表に選出され、銀メダルを獲得。
1983年の都市対抗では四番打者を任され、エース黒紙義弘、池田親興(日産自動車から補強)らの好投もあって、決勝で新日鐵名古屋を破り優勝を飾った。

■ 関連書籍

アマチュア野球指導者。元プロ野球選手。 1958年4月7日、新潟県新潟市生まれの埼玉県草加市育ち。 春日部高校→慶應義塾大学→東芝から1985年ヤクルトスワローズに入団。 同年5月11日の対阪神戦で史上20人目の初打席初ホームランを記録。 5年間プレーし現役引退。 その後はオーストラリアでの日本語教師、スポーツライター、解説者を経て、 2004年、ウェルネス魚沼カンガルーズの監督、 2006年にはセガサミーの監督に就任。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 日本
  • キャスター
  • スポーツ
  • プロ野球
  • ライター
  • 大学
  • 客員
  • 慶應義塾大学
  • 教授
  • 選手
  • テレビ
  • ニュース
  • 健太
  • 国籍
  • 学歴
  • 新潟市
  • 新潟県
  • 日本語
  • 最終
  • 法学
  • 職業
  • 西区
  • 言語
  • 誕生
  • 青島