誕生日データベース

山本昌邦やまもとまさくに

男子サッカー選手、監督[日本]

1958年 4月4日

山本 昌邦(やまもと まさくに、1958年4月4日 - )は、静岡県沼津市出身の元サッカー選手、指導者。
アテネオリンピック日本代表監督およびJリーグ所属のジュビロ磐田元監督。
サムデイ所属。
選手として 学生時代から冷静な判断と鋭いタックルが売り物のディフェンダーとして将来を嘱望された。
1977年ユース代表に選出され、第19回アジアユース選手権出場。
大学時代にユニバーシアード(サッカー競技)代表としてメキシコ大会に。
1980年には日本代表としてワールドカップ・スペイン大会のアジア地区予選に出場した。
1981年にジュビロ磐田の前身、ヤマハ発動機サッカー部に入団。
1982年の日本サッカーリーグ2部優勝、1983年の天皇杯優勝に貢献。
しかしDFとしては致命的ともいえる肩の脱臼癖が手術をしても完治せず、1987年に29歳で現役を引退した。
指導者として 引退後、ヤマハ発動機サッカー部でコーチとして仕事を始めた。
1996年のアトランタオリンピックにはコーチとして参加。
その後1996年アジアユースのU-19の監督としてワールドユース出場権を獲得、1997年ワールドユースでは監督として当時最高のベスト8という好成績を収めた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

芸名山本昌邦 性別男性 生年月日1958/04/04 星座おひつじ座 干支戌年 出身地静岡県 身長182cm 体重80kg 職種スポーツ プロフィール1977年、日本ユース代表選出。第19回アジアユース選手権出場。1979年、日本ユニバーシアード代表選出。ユニバーシアードメキシコ大会出場。1980年、日本代表としてFIFAワールドカップ(スペイン)アジア地区予選出場。翌年、ヤマハ発動機株式会社サッカー部入部。1982年、日本サッカーリーグ2部優勝。1983年、第62回天皇杯全日本サッカー選手権大会優勝。引退後、日本五輪代表コーチ、U-19日本代表監督、ジュビロ磐田ヘッドコーチ、日本代表コーチ兼日本五輪代表監督などに就任し選手指導に力を入れている。『勝つ組織』『深読みサッカー論』などの著書がある。 代表作品著書『勝つ組織』(2012)/著書『深読みサッカー論』(2014) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 選手
  • 成績
  • 代表
  • 所属
  • クラブ
  • サムデイ
  • 個人
  • 出場
  • 大会
  • 指導
  • 指導者
  • 監督
  • 著書
  • 試合
  • タックル
  • ディフェンダー
  • ユース
  • 事務所
  • 冷静
  • 判断
  • 嘱望
  • 売り物
  • 学生
  • 将来
  • 時代
  • 芸能
  • 選出