誕生日データベース

平野早矢香ひらのさやか

卓球選手[日本]

1985年 3月24日

平野早矢香 - 卓球選手

平野 早矢香(ひらの さやか、1985年3月24日 - )は、栃木県鹿沼市出身の日本の元女子卓球選手。
全日本卓球選手権大会・女子シングルスで5度優勝している。
ITTF世界ランキングにおける自己最高位は2011年8月時点の10位。
2012年ロンドンオリンピック卓球競技・女子団体銀メダリスト。
2016年4月9日をもって現役を引退した。
幼稚園の時に両親の影響で卓球を始めた。
小学校時代は華卓会(- 小4)・城山クラブ(小5 -)で卓球を学ぶ。
中学・高校時代は、仙台育英学園秀光中学校・仙台育英学園高等学校に在学。
中学時代から技術面以上に精神面の強さがあったとされている。
高校卒業後はミキハウス(大阪)に入社。
早々にシニア代表入りし、日本の期待の若手として注目される。
18歳の若さで2003年度の全日本卓球選手権を初制覇。
この時はかなりの接戦や逆転を経てのものであったが、翌年も連覇した。
内容も圧勝が多く、その実力が確かなものであることを証明した。
2006年あたりは調子を落とし、同年の世界選手権ブレーメン大会では試合数がサブ扱いと不本意なシーズンとなったが、1年ほどでスランプから抜け出し、その後は国内で圧倒的な力を発揮、大会や選考会においてほとんど負けることなく優勝し続けており、不動の「女王」の称号を得ている。

■ 関連書籍

女子卓球選手。1985年3月24日生まれ、栃木県鹿沼市出身。157センチ、57キロ、株式会社ミキハウス所属。幼稚園の頃より卓球を始め、2002年、インターハイの団体とダブルスで優勝。同年、インターハイ個人2位。03年、高校卒業後ミキハウスに入社し、アジア選手権大会代表入りを果たして注目を集める。04年、全日本卓球選手権大会シングルスで初優勝、翌年も連覇する。その後、同大会では、04、08、09年と計5度の優勝を果たし、国内の不動の女王として君臨。08年の北京五輪で代表入りし、女子シングルス出場、団体では4位の成績を残す。12年、ロンドン五輪代表に選ばれ、福原愛、石川佳純との団体にのみ出場。決勝で中国に敗れたものの、日本卓球史上初の五輪メダルである銀メダルを獲得した。 (2012-08-8) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 卓球
  • シングルス
  • ダブルス
  • エピソード
  • オリンピック
  • スタイル
  • スティガ
  • ノース
  • プレー
  • プロダクション
  • ランキング
  • ロンドン
  • 世界
  • 事務所
  • 全日本
  • 協会
  • 大会
  • 女子
  • 成績
  • 戦型
  • 戦績
  • 日本
  • 級位
  • 芸能
  • 選手
  • 選手権
  • アスリート
  • コーチ
  • タイ
  • マネジメント
  • ミキハウス
  • メダリスト
  • 三起商行
  • 優勝
  • 団体
  • 国際
  • 委員
  • 委員会
  • 委託
  • 引退
  • 最高位
  • 歴代
  • 混合
  • 現在
  • 現役
  • 競技
  • 解説者
  • 連盟