誕生日データベース

笙野頼子しょうのよりこ

作家[日本]

1956年 3月16日

笙野 頼子(しょうの よりこ、1956年3月16日 - )は日本の小説家。
本姓・市川。
三重県出身、立命館大学法学部卒。
自称「神道左翼」の立場からラディカルな政治性を打ち出し、私小説と幻想小説を周到なメタフィクションやポリフォニーを用いて過激に混成させた作風で、「闘う作家」「メタの女王」などと呼ばれる。
2011年度より立教大学特任教授(文学研究科・比較文明学専攻博士課程前期課程)。
自らアヴァン・ポップ作家と称し、藤枝静男や内向の世代などの影響を受けた独自の私小説を得意とする。
概説的には世界への違和感を社会的な視座に見据えつつ、不穏な幻想とスラップスティックなユーモアによって批評的に描くスタイルと言え、この傾向は90年代後半、「論争」を経てからより顕著になった。
初期の作品は緊密な文体で鬱屈した観念・心理表現と澄明な幻想描写の融和を試行した難解なものが多く、発表できても反応はほとんどなかったが、1990年代に賞を立て続けに獲得したことで一気に評価が高まった。

■ 関連書籍

連想語句
  • 概要
  • 作品
  • 小説
  • 文学
  • アヴァン
  • ポップ
  • メタ
  • 世代
  • 作家
  • 内向
  • 単行本
  • 委員
  • 幻想
  • 形態
  • 未収録
  • 私小説
  • 立教大学
  • 純文学
  • 藤枝静男
  • 評論
  • 課程
  • 論争
  • 選考
  • 関連
  • 随筆
  • フィクション
  • ポリフォニー
  • ラディカル
  • 不穏
  • 世界
  • 作風
  • 前期
  • 博士
  • 大学
  • 女王
  • 専攻
  • 左翼
  • 影響
  • 得意
  • 政治性
  • 教授
  • 文明
  • 概説
  • 比較
  • 法学部
  • 混成
  • 特任
  • 社会的
  • 神道
  • 立命館大学
  • 立場
  • 自ら
  • 自称
  • 視座
  • 過激
  • 違和感