誕生日データベース

金春智子こんぱるともこ

脚本家[日本]

1956年 3月13日

金春 智子(こんぱる ともこ、本名:同じ、1956年3月13日 - )は、奈良県奈良市出身の日本の女性脚本家、小説家。
上智大学外国語学部卒業。
血液型AB型。
アニメの脚本では豊富なキャリアを誇り、漫画家の高橋留美子絡みの作品が多い。
祖父は能楽シテ方金春流七十八世宗家で名人と謳われた金春八条。
父もシテ方金春流の能楽師・金春欣三である。
大学時代にはSF研究会を設立して上映活動などを行なう。
大学4年のときに脚本家の辻真先が主宰する劇画まんが原作教室に通い、アニメコースに通ったのが脚本家デビューのきっかけ。
1977年、辻の講座の課題として出されたテレビアニメ『一休さん』の脚本が認められて、3ヵ月の推敲を経て「ギヤマンの壷と一尺の板」として放送された、以後、『一休さん』には3ヵ月に1度のペースで執筆を続け、続けて『花の子ルンルン』でレギュラー脚本家の座を掴む。

■ 映像作品

■ 関連書籍

「金春智子」と関連する人物

連想語句
  • アニメ
  • 概要
  • シテ方
  • 作品
  • 金春流
  • テレビ
  • テレビドラマ
  • 上智大学
  • 作詞
  • 劇場
  • 大学
  • 奈良市
  • 奈良県
  • 宗家
  • 漫画家
  • 能楽
  • 著書
  • 金春八条
  • 金春欣三
  • 高橋留美子
  • とき
  • キャリア
  • 七十八
  • 上映
  • 出身
  • 卒業
  • 名人
  • 外国語
  • 学部
  • 時代
  • 活動
  • 研究会
  • 祖父
  • 能楽師
  • 脚本
  • 脚本家
  • 設立
  • 豊富