生年月日データベース

岡田正義おかだまさよし

男子サッカー選手[日本]

1958年 5月24日 生 (満60歳)

岡田 正義(おかだ まさよし、1958年5月24日 - )は、東京都保谷市(現西東京市)出身の日本のサッカー審判員(元国際主審)。
「正義」という名前から、一部サポーターは“ジャスティス”と呼ぶ。
東洋大学在学中の1977年、4級審判員資格を取得し、選手から審判員へと転向する。
1986年には1級審判員資格を取得し、日本リーグなどのトップリーグで笛を吹く。
Jリーグが開幕した1993年には国際主審に登録され、1998年のフランスワールドカップ、イングランド対チュニジア戦をはじめ、多くの国際試合で主審を務めた。
2002年には、上川徹とともに日本サッカー協会(JFA)認定のスペシャルレフェリー(SR、現プロフェッショナルレフェリー:PR)第1号となった。
また、1997年・2002年・2007年には、Jリーグ優秀主審賞を受賞した。
岡田は2008年に50歳を迎えたが、JFAが2007年にサッカー審判員の50歳定年制を撤廃したことにより、2009年もJリーグの主審としてピッチに立つことになり、同年5月9日のJ1第11節・大分トリニータ-横浜F・マリノス戦(@九州石油ドーム)で初のJ/J1リーグ戦で主審担当300試合を達成した。

■ 映像作品

■ 関連書籍

サッカー審判員(レフェリー)。 1958年5月24日生。東京都出身。 東洋大学在学中の1977年に4級審判員を取得し、選手から審判へ転向。 1986年に1級審判員資格を取得。 1993年には国際主審に登録され、1998年のFIFAワールドカップフランス大会では1次リーグ・イングランド−チュニジア戦において主審を務めた。 2002年には日本サッカー協会の導入した「スペシャルレフェリー*1」制度の第1号審判に認定された。 統一協会機関紙「世界日報」でも記事を書いている。 http://www.worldtimes.co.jp/book/vp/view.htm レフェリングレベルについては主観も混じるので軽々には論じられないが、サッカーファンの間ではそのレフェリングについて不満が多いのも事実。 愛称(?)は「ジャスティス」。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • サッカー
  • 審判
  • リーグ
  • 主審
  • 国際
  • イングランド
  • チュニジア
  • ワールドカップ
  • 代表
  • 判定
  • 問題
  • 日本
  • 東洋大学
  • 正義
  • 著書
  • 資格
  • 関連
  • サポーター
  • ジャスティス
  • トップ
  • フランス
  • プロ
  • 一部
  • 名前
  • 在学
  • 多く
  • 登録
  • 試合
  • 転向
  • 選手
  • 開幕