誕生日データベース

水無田気流みなしたきりゅう

詩人、社会学者[日本]

1970年 3月4日

水無田気流 - ウィキペディアより引用
水無田 気流(みなした きりう、女性、1970年 - )は、日本の詩人、社会学者。
神奈川県相模原市出身、東京都在住。
早稲田大学大学院社会科学研究科博士後期課程単位取得満期退学。
社会学の分野では、本名の田中 理恵子(たなか りえこ)としても活動している。
立教大学社会学部の兼任講師。
夫は社会学者の田中人(たなか まさと)。
1970年に、神奈川県相模原市のベッドタウンで、サラリーマンの父と専業主婦の母との間に産まれた。
2002年から、水無田気流の筆名で思潮社の『現代詩手帖』に詩作品の投稿をはじめ、2003年に第41回現代詩手帖賞を受賞。
2005年に『音速平和 sonic peace』(思潮社)を出版、翌年に同作で第11回中原中也賞受賞。
2008年、『Z境』で第49回晩翠賞受賞。
なおこの筆名は、中原中也の「蝉」にある「水無河原」と、松尾芭蕉の「不易流行」をとり、当て字にしたものである。
また社会学者としても活動し、学術論文の執筆などを行うほか、2008年には初の新書『黒山もこもこ、抜けたら荒野 デフレ世代の憂鬱と希望』を出版した。

■ 関連書籍

連想語句
  • 活動
  • 田中
  • 社会
  • 理恵子
  • たなか
  • エピソード
  • テレビ
  • 主張
  • 共著
  • 國學院大學
  • 学部
  • 早稲田大学
  • 東京都
  • 相模原市
  • 神奈川県
  • 立教大学
  • 著書
  • 詩集
  • 関連
  • まさと
  • りえこ
  • 兼任
  • 出身
  • 分野
  • 単位
  • 博士
  • 在住
  • 大学院
  • 学者
  • 後期
  • 教授
  • 本名
  • 満期
  • 科学
  • 経済
  • 課程
  • 講師
  • 退学