誕生日データベース

三浦知良みうらかずよし

男子サッカー選手[日本]

1967年 2月26日

三浦 知良(みうら かずよし、1967年2月26日 - )は、静岡県静岡市葵区出身のプロサッカー選手。
横浜FCに所属。
2016年1月現在、プロフェッショナルリーグでプレーする世界最年長のプロサッカー選手である。
妻は、三浦りさ子。
ニックネームは“カズ”、または“キング・カズ”である。
ブラジル時代のポジションは左ウイングであったが、日本帰国後はセンターフォワードとしてJリーグで活躍し、日本代表としてもFIFAワールドカップ初出場に貢献した。
ワールドカップ予選では総得点を27点記録するも、ワールドカップ本大会へは未出場。
Jリーグ年間最優秀選手賞1回、得点王1回、ベストイレブンを2回受賞、1993年にアジア年間最優秀選手賞を受賞。
釜本邦茂と共に、国際Aマッチ1試合で6得点の日本代表1試合最多得点記録、通算得点記録(55得点)を持つ(2011年時点)。
2012年にはフットサル日本代表としてフットサルワールドカップに出場。
幼年期 1967年2月26日、父・納谷宣雄、母・由子の次男(兄である長男は三浦泰年)として静岡県静岡市に生まれた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

1967年2月26日生まれのプロサッカー選手。静岡県出身。ポジションはフォワード。プロサッカークラブである横浜FC所属だが、フットサルクラブであるエスポラーダ北海道にもJリーグ選手枠として登録している。2012年FIFAフットサルワールドカップ日本代表。 伯父、叔父、実父ともにサッカーの指導者であったため、兄の三浦泰年(元・日本代表)とともに幼少の頃からサッカーに親しんで育った。小学生のときに城内FCへ入団。その後、静岡学園高等学校を8カ月で中退し、当時のサッカー先進国のブラジルへ単身サッカー留学する。日本人としての身体的不足を、絶え間ない訓練の積み重ねでカバーし、ブラジルにおいて各クラブの契約選手となり、日本人として初めてブラジル全国選手権に出場。ブラジルのサッカー専門誌の表紙を飾るほどの活躍を果たした。 1990年、Jリーグ発足を見据えて帰国。読売サッカークラブ(現・東京ヴェルディ)に移籍。92年Jリーグカップで所属チームを優勝に導く。96年にはJリーグ得点王となる。93年にアジア年間最優秀選手賞を受賞。国際Aマッチ1試合で6得点は日本代表1試合最多得点記録(FIFA公式記録2011年時点)。94年にイタリア・セリエAのジェノアCFC移籍、アジア人初のセリエAプレーヤーとなる。 日本代表としては、93年、第15回FIFAワールドカップアメリカ大会・アジア地区1次予選突破に貢献したものの、最終予選の対イラク戦での引き分け(ドーハの悲劇)でワールドカップ本大会への出場はならず。また、次の第16回FIFAワールドカップフランス大会では、日本代表に選出されていたが、最終メンバーからは外された。だが、その後も日本代表 …… (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 日本
  • サッカー
  • 代表
  • 選手
  • リーグ
  • 記録
  • フォワード
  • プロ
  • ワールドカップ
  • 得点
  • 優秀
  • 年間
  • アジア
  • ウイング
  • カズ
  • センター
  • フットサル
  • ブラジル
  • ポジション
  • マッチ
  • 三浦りさ子
  • 受賞
  • 国際
  • 横浜
  • 釜本邦茂
  • アウォーズ
  • エピソード
  • キング
  • ニックネーム
  • プレー
  • プロフェッショナル
  • ベストイレブン
  • 世界
  • 予選
  • 出場
  • 初出場
  • 名前
  • 地区
  • 帰国
  • 愛称
  • 所属
  • 時代
  • 時点
  • 最多
  • 最年長
  • 本大会
  • 活躍
  • 現在
  • 貢献
  • 通算