誕生日データベース

シルヴィ・ギエムSylvie Guillem

バレリーナ[フランス]

1965年 2月25日

シルヴィ・ギエム - ウィキペディアより引用
シルヴィ・ギエム(Sylvie Guillem, 1965年2月25日 - )は、フランス・パリ生まれのバレエダンサー。
100年に1人の逸材とまで称される現代バレエの女王。
幼少の頃より体操を本格的に習い、12歳の時オリンピック国内予選を突破する。
当時のパリ・オペラ座バレエ学校校長のクロード・ベッシーにスカウトされ、1976年にパリ・オペラ座バレエ学校に入学する。
1981年にオペラ座バレエ団に入団する。
「強靭な肉体」と表現されることも多く、柔軟な体、弓のようなアーチを描く足の甲や、200度は開いていそうな開脚・ジャンプが特徴である。
クロード・ベッシーは彼女の足の型をとり、ブロンズ像を作らせたほどだった。
1983年、ヴァルナ国際バレエコンクールにて金賞・特別賞・優秀賞の三冠を手にする。
1984年カルボー賞受賞。
プルミエール・ダンサーズに昇進。
1984年12月29日、初主演の『白鳥の湖』終演直後に、19歳にして当時の芸術監督ルドルフ・ヌレエフより最高位であるエトワールに直々に任命される。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • バレエ
  • パリ
  • オペラ座
  • クロード
  • ベッシー
  • オペラ
  • オリンピック
  • コンクール
  • ビデオ
  • ヴァルナ
  • 体操
  • 国立
  • 国際
  • 学校
  • 栄典
  • ほど
  • アーチ
  • ジャンプ
  • スカウト
  • ブロンズ
  • 三冠
  • 予選
  • 優秀
  • 入団
  • 入学
  • 国内
  • 多く
  • 女王
  • 幼少
  • 強靭
  • 当時
  • 彼女
  • 校長
  • 現代
  • 突破
  • 肉体
  • 表現
  • 近代
  • 逸材
  • 金賞
  • 開脚