生年月日データベース

フロイド・メイウェザーFloyd Mayweather,Jr.

プロボクシング選手[アメリカ]

1977年 2月24日

フロイド・メイウェザー・ジュニア(Floyd Mayweather Jr.、1977年2月24日 - )は、アメリカ合衆国の元プロボクサー。
ミシガン州グランドラピッズ出身。
第22代WBC世界スーパーフェザー級王者。
第27代WBC世界ライト級王者。
第28代WBC世界スーパーライト級王者。
第10代IBF世界ウェルター級王者。
第33代・第36代WBC世界ウェルター級王者。
第37代・第44代WBC世界スーパーウェルター級王者。
元WBA世界ウェルター級スーパー王者。
元WBA世界スーパーウェルター級スーパー王者。
第17代WBO世界ウェルター級王者。
階級を上げてからはパワーこそ相対的に目減りしたものの、圧倒的なスピードと超人的な反応速度を持ち、卓越したディフェンステクニックで相手を翻弄し、絶妙のタイミングでカウンターを打ち込むのを得意とする選手。
プロでの戦績はロッキー・マルシアノに並ぶ49戦49勝無敗。
史上初めて無敗のまま5階級制覇を達成したなど、パウンド・フォー・パウンド最強のボクサーとして評価されている。

■ 映像作品

■ 関連書籍

米国のプロボクサー。ニックネームは「プリティボーイ」。卓越したスピードと技術を持つ、自他共に認める天才型ボクサーでありパウンド・フォー・パウンド最強との呼び声も高い。 1996年、アトランタオリンピックフェザー級で銅メダルを獲得、その後プロ入り。 1998年10月、WBC世界スーパーフェザー級王者ヘナロ・エルナンデスに挑戦、8回TKOで王座獲得、ディエゴ・コラレスらを退け8度防衛。 2002年4月、WBC世界ライト級王者ホセ・ルイス・カスティージョに挑戦、12回判定で王座獲得、3度防衛。 2005年6月、WBC世界スーパーライト級王者アルツロ・ガッティに挑戦、6回TKOで王座獲得、防衛はせず返上。 2006年4月、IBF世界ウェルター級王者ザブ・ジュダーに同王座とIBO世界ウェルター級王座を懸けて挑戦、12回判定で王座獲得。 同年11月、WBC王者カルロス・バルドミルを12回判定で降し、レオ・ガメスに次いで二人目、WBCでは初となる同一団体4階級制覇を果たす。 2007年5月、WBC世界スーパーウェルター級王者オスカー・デラ・ホーヤに挑戦、12回判定で王座獲得。無敗のまま5階級制覇の偉業に成功。5階級制覇はシュガー・レイ・レナード、トーマス・ハーンズ、デラ・ホーヤに次いで四人目だが、同一団体での王座獲得は史上初。なおスーパーウェルター級のタイトルは防衛せず返上、ウェルター級のみを保持。一時は引退表明も、撤回。現役を続行。 同年12月、無敗の挑戦者リッキー・ハットンを10回TKOで退ける。 39戦無敗(25KO) * (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • メイウェザー
  • フロイド
  • ジュニア