生年月日データベース

池野成いけのせい

作曲家[日本]

1931年 2月24日

2004年 8月13日 死去享年74歳

池野 成(いけの せい、1931年2月24日 - 2004年8月13日)は、日本の作曲家。

東京音楽学校に入学後、伊福部昭に師事。
映画音楽担当作品は数多く残されているが、演奏会用の純音楽に関しては極端に寡作であり、その作品の編成の特異性から上演される機会も少ない。
今後更に評価されて良い作曲家の一人である。

1954年のゴジラの音楽で伊福部昭のアシスタントを務めた。

その後も映画音楽を中心に活動し、1960年代に座頭市シリーズの音楽を担当したことで知られる。

序奏と交響的アレグロ(1952年、オーケストラ) 第21回日本音楽コンクール管弦楽曲部門第2位入選。

ダンス・コンセルタンテ(1953年、オーケストラ)
エヴォケイション(EVOCATION)(1974年、マリンバソロ、6トロンボーン、6パーカッション)

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • 音楽
  • 映画
  • 伊福部昭
  • 作品
  • アンサンブル
  • オーケストラ
  • オーケストレーション
  • ゴジラ
  • 中心
  • 主要
  • 北海道
  • 学校
  • 座頭市
  • 書法
  • 札幌市
  • 東京
  • 池野
  • 池野成一郎
  • 活躍
  • 管弦楽
  • 近代
  • '
  • これら
  • アシスタント
  • シリーズ
  • チューニング
  • フル
  • 上演
  • 下記
  • 入学
  • 助手
  • 同様
  • 執筆
  • 太鼓
  • 学者
  • 定律
  • 実現
  • 実験
  • 寡作
  • 師事
  • 打楽器
  • 担当
  • 時期
  • 植物
  • 極端
  • 楽器
  • 機会
  • 演奏会
  • 特異性
  • 祖父
  • 精通
  • 経験
  • 編成
  • 裕福
  • 調和
  • 集合体
  • 音像