誕生日データベース

ヘレナ・スコバHelena Sukova

プロテニス選手[チェコスロバキア]

ヘレナ・スコバ - ウィキペディアより引用
ヘレナ・スコバ(Helena Suková, 1965年2月23日 - )は、チェコスロバキア・プラハ出身の元女子プロテニス選手。
4大大会の女子シングルスで4度の準優勝があり、全豪オープンで2度、全米オープンで2度ずつの準優勝に終わった。
オリンピックでも、1988年ソウル五輪と1996年アトランタ五輪で2個の女子ダブルス銀メダル獲得がある。
当時のチェコスロバキアでも名門のテニス一家に育ち、母親のベラ・スコバ(1931年 - 1982年)も1962年のウィンブルドン準優勝の経歴を持つ名選手だった。
父親のシリル・スーク(Cyril Suk)は長年「チェコスロバキア・テニス連盟」の会長を務めた人である。
弟のシリル・スーク3世(シリル・スーク・ジュニアとも呼ばれる)もプロテニス選手で、ダブルスのスペシャリストとしてよく知られている。
母親のベラ・スコバが1982年5月13日に死去した後、娘のヘレナは1983年1月にプロ入りした。
1984年、当時は年末の12月開催であった全豪オープンで、スコバは準決勝でマルチナ・ナブラチロワを 1-6, 6-3, 7-5 で破る大金星を挙げた。
連想語句
オープンテニススコバシリルスークベラ全豪オリンピック準優勝選手アトランタウィンブルドンソウルダブルスチェコスロバキアプロ五輪全米女子当時母親グランドスラムシングルスジュニアスペシャリストニスヘレナマルチ一家会長名門大会年末死去準決勝父親獲得連盟選手権銀メダル長年開催

↑ PAGE TOP