誕生日データベース

南海龍太郎なんかいりゅうたろう

相撲力士、元プロレスラー[西サモア]

南海龍 太郎(なんかいりゅう たろう、本名キリフィ・サパ、1965年(昭和40年)2月22日 - )は、西サモア(現・サモア独立国)出身の元プロレスラー、高砂部屋所属の元大相撲力士。
最高位は西前頭2枚目(1988年5月場所)。
力士時代の体格は188cm、153kg。
西サモア(現・サモア独立国)の首都アピア市に生まれ、19歳の時に力士の公募に対して応募し、300名ほどの候補の中からスカウトされ高砂部屋に入門、1984年(昭和59年)9月に初土俵を踏んだ。
1987年(昭和62年)5月に十両に昇進し史上初の西サモア出身関取、11月には新入幕を果たし史上初の西サモア出身幕内力士となり、足運びのよさや力の強さから大いに期待され「サモアの怪人」などと呼ばれた。
横綱千代の富士も、自分と同体格で相撲のスタイルも似ている南海龍を意識していた。
しかし同部屋の兄弟弟子達から「1晩でビール100本」「一度飲み出したら翌々日まで飲んでいた」と言われる程の大酒飲みで知られる彼は、泥酔してホテルのボーイを殴るなど度々事件を起こしており、親方や兄弟子が心配して何度も厳重注意、特に小錦は問題を起こす度に解決すべく現場に駆けつけては叱責して改善を命じ、時には張り倒して失神させて事態を収めることもしたがなかなか変わらなかった。

「南海龍太郎」と関連する人物

藤波辰爾
連想語句
力士成績サモア場所時代西サモア高砂アピアプロレスラー体格出身初土俵前頭史上初大相撲幕内昭和横綱関連首都スカウトスタイル候補入門公募十両千代の富士千代の富士貢南海龍応募怪人意識所属新入幕昇進最高位期待独立国相撲筋肉質自分西関取

↑ PAGE TOP