生年月日データベース

かとうかず子

女優タレント[日本]

(旧芸名・かとうかずこ)

1958年 2月20日 生 (満60歳)

かとう かず子(かとう かずこ、1958年2月20日 - )は、日本の女優、タレント。
本名、加藤 和子(読み同じ)。
旧芸名、かとう かずこ。
愛知県名古屋市出身。
スタッフ・ポイント所属。
元宮崎県知事・東国原英夫(初代:そのまんま東)元夫人。
身長168cm。
来歴・人物 名古屋市生まれ。
1978年、愛知淑徳大学二年のとき、友人に勧められつかこうへい構成・演出『サロメ』(東京西武劇場)のオーディションに応募し合格(主役は蜷川有紀)。
『サロメ』での役どころはその他大勢だった。
一年大学を休学し芝居の勉強をするが一旦復学。
翌1979年、大学在学中につかこうへいの舞台『広島に原爆を落とす日』でデビュー。
1980年にはTBSで放送のポーラテレビ小説『マリーの桜』のヒロインに抜擢される。
結局大学は5年通い中退した。
翌年の『なんとなく、クリスタル』には主役で映画デビューし、初ヌードを披露した。
1990年にテレビドラマで共演した当時たけし軍団のそのまんま東(東国原英夫)と結婚し、美人女優とお笑いタレントの結婚として話題となり、後に1男1女をもうけた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

連想語句
  • 番組
  • インターネット
  • テレビドラマ
  • ドラマ
  • バラエティー
  • ビデオ
  • 作品
  • 出演
  • 名古屋市
  • 宮崎県
  • 審議会
  • 愛知県
  • 教養
  • 日本
  • 映画
  • 東国原英夫
  • 知事
  • 舞台
  • 関連
  • かずこ
  • かとう
  • まんま
  • 出身
  • 初代
  • 夫人
  • 委員
  • 所属
  • 芸名