生年月日データベース

岡本久美子おかもとくみこ

プロテニス選手[日本]

1965年 2月19日 生 (満53歳)

岡本 久美子(おかもと くみこ, 1965年2月19日 - )は、大阪府大阪市出身の元女子プロテニス選手。
1980年代の日本女子テニス界をリードした選手の1人で、同学年の井上悦子、岡川恵美子とともに“3人娘”と呼ばれた。
帝塚山泉ヶ丘高等学校、帝塚山学院短期大学卒業。
1989年の「サントリー・ジャパン・オープン」で優勝し、WTAツアーのタイトルも獲得している。
全日本テニス選手権では、女子シングルスは1983年・1987年・1988年の3度準優勝で止まったが、1986年の女子ダブルスで佐藤直子とペアを組んで優勝した。
自己最高ランキングはシングルス75位、ダブルス124位。
岡本は当時の日本人女子テニス選手としては珍しい両手打ちバックハンド・ストロークが最大の武器で、美人選手としても高い人気を持っていた。
父親の岡本伊三美は著名な元プロ野球選手で、南海ホークス内野手、さらに1984年から1987年まで近鉄バファローズの監督を務めた人であり、久美子は次女にあたる。

元プロテニスプレイヤー。 1965年2月19日生まれ、大阪府大阪市出身。 帝塚山ローンテニスクラブテニスを学び、中学から海外遠征に参加。 1982年、フェデレーション・カップ(現フェドカップ)の日本代表選手に初選出。 同学年の井上悦子?、岡川恵美子?とともに「3人娘」と呼ばれ1980年代の日本テニス界をリードした。 帝塚山短大進学後、1983年の全日本選手権でシングルス決勝進出も、当時15歳4ヶ月の雉子牟田明子にストレート負け。同年よりWTAツアーを転戦。 1984年全仏オープンで4大大会初挑戦。1987年1月の全豪オープンで、4大大会本戦初出場。ウィンブルドンでは、本戦3回戦でセンターコートに立つ。全米オープンでは、1回戦敗退。 1985年の神戸ユニバーシアードで日本選手団の主将を務める。 1986年の全日本選手権女子ダブルスで佐藤直子とのペアを組み優勝。 1988年のウィンブルドンでは、1回戦でアランチャ・サンチェス?にストレート勝利も、2回戦で雉子牟田との日本人対決に敗れる。 1988年ソウル五輪にも井上ともに出場。 1989年、サントリー・ジャパン・オープンで予選からの出場ながら優勝を果たす。 1992年2月、現役引退。 自己最高ランキングはシングルス75位、ダブルス124位。 父の元プロ野球選手・監督の岡本伊三美。 * (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • テニス
  • 帝塚山
  • 女子
  • 選手
  • 選手権
  • オープン
  • サントリー
  • シングルス
  • ジャパン
  • ダブルス
  • ホークス
  • 井上悦子
  • 佐藤直子
  • 優勝
  • 全日本
  • 南海
  • 学院
  • 岡川恵美子
  • 岡本伊三美
  • 短期大学
  • 野球
  • ねごろ
  • やすお
  • クラブ
  • コーチ
  • ジュニア
  • ストローク
  • タイトル
  • ツアー
  • バックハンド
  • バファローズ
  • プロ
  • ペア
  • ランキング
  • リード
  • ローン
  • 中学
  • 中学生
  • 久美子
  • 人気
  • 内野手
  • 卒業
  • 協会
  • 参加
  • 同学年
  • 大阪近鉄バファローズ
  • 学校
  • 岡本
  • 康夫
  • 当時
  • 手打ち
  • 指導
  • 日本
  • 日本人
  • 最大
  • 最高
  • 根来
  • 次女
  • 武器
  • 泉ヶ丘
  • 海外
  • 準優勝
  • 父親
  • 獲得
  • 監督
  • 美人
  • 自己
  • 著名
  • 近鉄
  • 遠征
  • 高等