生年月日データベース

唐沢俊一

コラムニスト[日本]

1958年 5月22日

唐沢 俊一(からさわ しゅんいち、1958年5月22日 - )は、日本のカルト物件評論家、コラムニスト、ラジオパーソナリティ。
元朝日新聞書評委員。
北海道札幌市出身。
札幌光星高等学校、青山学院大学文学部教育学科卒業(英文科卒とする記述がある一方、教育学部に在学していたとする記述、文学部中退とする記述もある)。
東北薬科大学薬学部中退。
サブカルチャー、カルトとされる文化や物件について幅広い関心を持つ。
書籍・映像・音楽・雑貨など昭和期における事物を今日的視点からB級文化として紹介する事をライフワークとしている。
また、オタク文化の評論家として、各種メディアでのコメンテーターや、日本オタク大賞といったイベントの審査員を務めている。
近年では落語会や舞台演劇などにも積極的に出演し、舞台俳優、カルト芸人とも称している。
人物・来歴 と学会の発起人の一人で運営委員。
自称雑学王であり、フジテレビ『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』のスーパーバイザー。
「トリビアの泉」の元ネタとなったのが唐沢の著作『トンデモ一行知識の世界』である。

■ 映像作品

■ 関連書籍

評論家、コラムニスト。1958年生まれ。北海道札幌市出身。 と学会の発起人の一人で運営委員。岡田斗司夫・眠田直の二人と共に、オタク芸人ユニット「オタクアミーゴス」のメンバーを務める。 東北薬科大学を中退。サブカルチャーやカルトに詳しく、昭和期におけるB級カルト文化を今日的視点で捉え直す作業をライフワークと自認、自らをカルト物件評論家と呼ぶ。 他には、古書・落語・漫画・映画・特撮・インターネットなどを題材に取り上げることが多い。実家が現在も札幌で薬局を営んでいることから「薬局通」「育毛通」など薬に関係した著書もある。 代表作である「トンデモ一行知識の世界」「トンデモ一行知識の逆襲」から雑学王などと呼ばれることもあり、それらの著書をヒントにフジテレビ「トリビアの泉」が製作されたことでも知られている。同番組にはスーパーバイザーとして本人も関っている。 最近では日本テレビ「世界一受けたい授業」の講師などとしてテレビ出演も多数。 実弟は漫画家の唐沢なをき。俊一が原作でなをきが作画の作品の多くは「唐沢商会」名義で発表される。 妻は同じく漫画家のソルボンヌK子。主に著書のイラストなどを担当することが多い。 著書『新・UFO入門』に、「漫棚通信ブログ版」からの盗用があることが発覚。*1自身のサイト上でケアレスミスとして*2、謝罪した*3が、その後も、同様の問題が指摘されている。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • オタク
  • 教育
  • 文化
  • 文学部
  • カルト
  • コメンテーター
  • サブカルチャー
  • パーソナリティ
  • ラジオ
  • 中退
  • 光星
  • 北海道
  • 大賞
  • 学校
  • 学科
  • 日本
  • 朝日新聞
  • 札幌
  • 札幌市
  • 東北薬科大学
  • 薬学部
  • 評論家
  • 関係
  • 青山学院大学
  • 高等
  • イベント
  • メディア
  • ライフ
  • ワーク
  • 中学校
  • 事物
  • 出身
  • 卒業
  • 各種
  • 在学
  • 委員
  • 学部
  • 審査
  • 文科
  • 映像
  • 昭和期
  • 書籍
  • 書評
  • 物件
  • 紹介
  • 視点
  • 関心
  • 雑貨
  • 音楽