誕生日データベース

川端絵美かわばたえみ

アルペンスキー選手[日本]

1970年 2月13日

川端 絵美(かわばた えみ、1970年2月13日 - )は、日本のアルペンスキー競技の選手。
北海道札幌市出身。
現役時代はKDD(現・KDDI)所属。
日本の女子アルペンスキーの第一人者として活躍した。
父親の影響で幼時からスキーに親しむ。
オーストリアの滑降王・フランツ・クラマーに憧れたことから、早くから将来ダウンヒラーとして活躍することを夢見たという。
15歳でフランス・シャモニーに留学し、1986年の世界ジュニア選手権で滑降9位、複合では6位に入賞。
1987/88シーズンのFISワールドカップ第2戦の滑降で、トップと1秒50差の20位に入り、山本さち子とともに1988年のカルガリーオリンピックの代表に選出される。
当時オリンピックの出場枠が無かった日本の女子選手では、16年ぶりの快挙であった。
カルガリーでは、滑降14位・スーパー大回転20位・回転19位。
同年の全日本選手権では4冠。
翌年アメリカ・ベイルで開かれた世界選手権では滑降で日本人女子史上最高位の5位入賞を果たす。
だが、その後練習中に転倒し、左ヒザ靭帯断裂の重傷を負う。
連想語句
来歴滑降スキーことアルペンオーストリアクラマーシャモニーフランスフランツリンクワールドカップ北海道札幌市活躍編集複合ジュニアスタイルダウントップヒラーページ世界他言語入賞出身参考執筆外部女子存在将来幼時影響所属文献新規日本時代父親現役留学目次第一人者翻訳脚注英語選手選手権項目

↑ PAGE TOP