誕生日データベース

砂川啓介

タレント[日本]

1937年 2月12日

砂川 啓介(さがわ けいすけ、1937年2月12日 - )は、日本の俳優、タレント。
東京都出身。
妻は女優、声優の大山のぶ代。
来歴・人物 成城高校在学中に『足摺岬』など数々の社会派映画に出演。
卒業後、演技の基礎を学ぶため、江口舞踊研究所に入所。
本格的にモダンダンスを習う。
1961年、NHK『うたのえほん』(1967年に『おかあさんといっしょ』へ併合)の、初代たいそうのおにいさんとしてブレイク、1964年、番組共演が縁で大山のぶ代と結婚。
「お昼のワイドショー」(日本テレビ系列)で青島幸男、8代目古今亭志ん馬の後を継ぎ、1980年から6年間にわたって司会を務めるなど多方面で活躍。
1985年には劇団フジの舞台にも出演。
以後は俳優、講演活動メインで活躍する。
おしどり夫婦の代表格として、のぶ代との共著で料理本『啓介・のぶ代のおもしろ酒肴』(主婦の友社)は100万部を超えるベストセラーとなった。
続編『啓介・のぶ代のおもしろ惣菜170』も出した。
2001年には、『カミさんはドラえもん』(双葉社)を出し、のぶ代のガン闘病経験が明らかにされ、周囲の感動を呼んだ。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • 俳優
  • 映画
  • おにいさん
  • グラフィー
  • タレント
  • テレビ
  • ディスコ
  • ラジオ
  • 出典
  • 出演
  • 声優
  • 大山のぶ代
  • 成城
  • 東京都
  • 舞台
  • 著書
  • 足摺岬
  • モダン
  • 作品
  • 入所
  • 出演作
  • 出身
  • 初代
  • 卒業
  • 在学
  • 基礎
  • 女優
  • 学校
  • 指導
  • 数々
  • 江口
  • 演技
  • 研究所
  • 社会
  • 舞踊
  • 高校
  • 高等