生年月日データベース

古井弘人ふるいひろひと

ミュージシャン・Garnet Crow[日本]

1967年 2月7日 生 (満51歳)

古井弘人(ふるい ひろひと、2月7日 - )は日本の作曲家、編曲家、キーボーディスト。
ビーイング所属。
男性。
アマチュア時代は山根公路(現DEEN)とバンドを組んでいた。
T-BOLANや大黒摩季等を輩出した『BADオーディション』を契機にビーイングに入社し、編曲家として、DEENや宇徳敬子、小松未歩といった様々なビーイング系アーティストに楽曲を提供していた。
その後GARNET CROWを結成し、編曲・キーボードを担当し、楽曲制作における実務的なリーダーとなる。
GARNET CROWには他にAZUKI七もキーボードを担当しているが、AZUKI七がピアノ類、古井がシンセサイザー類を担当している。
最近では音楽配信限定で個人活動も行っている(詳細は下記)。
各メンバーより絶大な信頼を得ており、演奏・編曲の腕前から「ゴッドハンド」の別名を持つ。
ライヴにおいては、普段のクールなキャラクターとは対照的に、パフォーマンスとして激しいキーボード演奏を行う。
その結果、度がすぎてしまい、キーボードを壊してしまったなどのエピソードを持つ。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

GARNET CROWの元メンバー GARNET CROWのみならず、ZARD、小松未歩、sweet velvetなど 多くのアーティストのアレンジを手掛ける彼。 作品の随所にうかがわれる、繊細で温かく、 前向きな響きを持った音。アレンジをする際に、 影響を受けたり、参考にするアーティストは、 その時自分がいいと思う人やグループで、 常に変わってゆくのだという。 彼の新しいスタイルを模索し続ける柔軟な感性が、 GARNET CROWの楽曲に新鮮な輝きを加えて いるのだろう。最近では、倉木麻衣の 「“Loving You・・・”Tour 2002」のライブアレンジ なども手掛け、幅広い才能を見せている。 活動としては1994年、DEENなどを手がけたのが最初である。MANISHの編曲も行っていた。 自他共に認めるゴッドハンドと称された編曲者として知られている。編曲時のギターは主に鈴木英俊、増崎孝司、大賀好修、同僚の岡本仁志が担当している。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 編曲
  • 概要
  • ビーイング
  • 作曲
  • アルバム
  • レコーディング
  • 共同
  • 出典
  • 参加
  • 大黒摩季
  • 山根公路
  • 提供
  • 書籍
  • 楽曲
  • 関連
  • アマチュア
  • オーディション
  • バンド
  • メンバー
  • 入社
  • 契機
  • 宇徳敬子
  • 所属
  • 時代
  • 男性
  • 編曲家
  • 輩出