生年月日データベース

遠藤愛えんどうまな

プロテニス選手[日本]

1971年 2月6日 生 (満47歳)

遠藤 愛(えんどう まな、1971年2月6日 - )は、日本のプロテニス選手、学者。
東京経済大学コミュニケーション学部准教授。
広島県福山市出身の元女子プロテニス選手。
伊達公子と同学年の選手で(遠藤は早生まれのため)、身近なライバルとしての伊達とともに成長し、日本女子テニスの黄金期を築いた名選手のひとりである。
福山暁の星女子高校から筑波大学体育専門学群卒業。
筑波大学大学院人間総合科学研究科博士課程修了。
博士(体育科学)。
シングルス自己最高位は26位(1994年9月26日付)。
身長160cm、体重54kg、右利き。
2013年より東京経済大学コミュニケーション学部准教授。
7歳からテニスを始め、父親の手ほどきを受ける。
1991年4月、筑波大在学中に20歳でプロ転向。
同年の第16回夏季ユニバーシアード大会(イギリス・シェフィールド)の女子テニスで、日本人選手として史上初のシングルス金メダルを獲得、また同時に平木理化とのコンビでダブルスも優勝した。

連想語句
  • テニス
  • 概要
  • 女子
  • 伊達
  • 筑波大学
  • 選手
  • プロ
  • 体育
  • 公子
  • 出典
  • 博士
  • 広島県
  • 東京経済大学
  • 福山
  • 福山市
  • 科学
  • ひとり
  • コミュニケーション
  • シングルス
  • ユニバーシ
  • ライバル
  • 中学校
  • 人間
  • 修了
  • 准教授
  • 出身
  • 卒業
  • 右利き
  • 同学年
  • 同年
  • 在学
  • 夏季
  • 大学院
  • 学校
  • 学部
  • 専門学群
  • 成長
  • 手ほどき
  • 日本
  • 早生まれ
  • 最高位
  • 父親
  • 筑波大
  • 総合
  • 自己
  • 課程
  • 身近
  • 転向
  • 遠藤
  • 高校
  • 高等
  • 黄金期